海外挑戦は難しいのか、簡単なのか

イメージのハードル。


人は未知のものに対してハードルを高くしがちだ。

そして海外挑戦は経験したことがない人にとっては

未知の極地。キングオブミチである。


知らない土地だし

言語違うし文化も宗教も違うし、

今まで会ったことない人いっぱいいるし、

助けてくれる友達いないし

考えれば考えるほど未知は増え

考えれば考えるほどハードルは上がり

結果最後はNOとなる。


それくらい未知の力は恐ろしい。

会ったことない時は完璧に見えた芸能人でも

実際会うと普通の人間なんだと気付く。

仕事も最初は先輩のスキルがものすごく見えても

実際やってみたらなんてことなかったりする。


考えれば考えるほど

未知がハードルを上げていく。

そのハードルを下げるために

未知を既知に変えていく。


そのために、

どんどん視覚していく。

どんどん数字に落としてわかりやすくしていく。

どんどん空白を消す。


今やっている

YoutubeはNY生活を視覚化させハードルを下げ、

JAPANFesはNY挑戦をわかりやすく数字に落としハードルを下げ、、

REBORNという留学プログラムは滞在期間の空白をプログラムで

埋めてしまってNY挑戦のハードルを下げている。


海外挑戦で大事なのは

アゲアゲではなくサゲサゲだ。


未知を侮るな。


想像が始まる前に航空券を買おう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。