もしもタクシー運転手が「お客さん、○○でしょ?」と決めつける運転手だったら。


渋谷付近で男がタクシーに乗った。
タクシー運転手は見るからに陽気なおじいちゃん。

運転手(以下運)「どうも~」

お客様(以下客)「六本木までお願いします」

運「六本木で、かしこまりました~」

客「はい、おねがいします」

六本木方面へと走りだすタクシー

運「お客さん」

客「はい」

運「お客さんの行き先、六本木ヒルズでしょ?」

客「え、あ、いや~違います」

運「じゃあミッドタウンだ」

客「いや、それも違います」

運「じゃあ何?ドン・キ・ホーテ?」

客「いや、ビル名までは分かんないので、近くまでは案内するので、
そこで止めてもらいます。
とりあえず、六本木の交差点のほうまで
(ドンキ、で区切ってホーテって続く人初めて見た、
ドンキ、かドンキホーテ、って続くのは聞くけど)」

運「え、じゃあ俳優座劇場だ?」

客「・・・。(メンドクセー)」

運「そうでしょ?」

客「あー、まあそーッスね」

客はテキトーに返した。

運「てことはなに?俳優さん?」

客「いや」

運「あっ!役者さんだ!」

客「それ意味同じじゃないですか?」

運「え、何?役者さんなの?」

客「いや、違います」

運「じゃあ何、裏方?」

客「いや、舞台とかは関係なく」

運「大道具だ!」

客「運転手さん、僕、舞台関係の人間じゃなくて」

運「えっ!?違うの!?」

客「はい・・・。(勝手に話進めてるだけで、
こっちは何もしてないのに何で驚くんだろう)」

運「じゃあ観劇だ?」

客「いや、しないです」

運「え?舞台とかみて観劇(感激)しないの?笑」

客「え?」

運「感激!泣いたりとか」

客「ああ、そっちですか」

運「するでしょ?笑」

客「そーッスね」

運「じゃあ感激してるじゃないー笑」

客「あー」

運「お客さん、さっき“しない”って言ったよー」

客「・・・はい。(アーッ、メンドクセーッ!!)」

運「カンゲキ(感激)はするけど、カンゲキ(観劇)はしないってことね?」

客「はい?(メンドクサイ、メンドクサイ、メンドクサイ)」

運「だから~、感激はするけ」

客「あっ、もしもし~・・。(こうするしかない)」

客は電話をするフリをして会話を辞める

運「カンゲキ(観劇)したら、カンゲキ(感激)するでしょ~」

客「あ~、はいはい、(まだなんか一人で喋ってる~)」

運「あれっ?感傷はするのかな。鑑賞して」

客「うん、そうだね(なんかまた増えてる!)」

運「お客さん、」

客「はい」

運「鑑賞は・・」

客「え?(電話してても聞いてくるの?)」

運「あー、違った、六本木交差点はどうなさいます?」

客「あっ、(ビックリした~)」

運「右でしょ?」

客「はい。(また決めつけてきた)」

運「ほら~」

客「・・・。(そりゃ、右か左かどっちか言えば当たるでしょ)」

運「いや~、俺ね~、なんか分かるのよ」

客「あ~、・・はい。(どこが?)」

客は電話のフリを忘れている。

運「だから俺のに乗るお客さんは、みんな凄いですね~って言うんだよ」

客「へ~。(誰だよ!甘やかしてるの!)」

運「ちなみに~お客さん、タクシー何回か乗ったことあるでしょ?」

客「・・・はい。(難しくないでしょ)
これも、乗ったお客さんが凄いって言うんですか?」

運「いる人もいるかな~」

客「ほ~。(随分と甘やかす人がいらっしゃる)」

運「そう言ってもさ~、みんな俺と遊んでくれてる感じだよね」

客「どういうことですか?」

運「おじいちゃん運転手だからって、優しくしてくれてるんだよ」

客「あ~、なるほど~(気づいてるんだ)」

運「お客さん、止めるところはどうなさいます?」

客「この先の、ポストの前あたりで」

運「ポストの前ね?」

客「はい」

ポストの前に止まるタクシー。

客「Suicaでお支払いします」

運「お客さん、」

客「はい」

運「いつもより安いでしょ?(ニヤリ)」

客「え?あ、・・・はい」

運「領収書は必要?」

客「・・はい。・・・凄いですね」

運「じゃあ、これ領収書です。ありがとうございました」


『いつも安いでしょ?』と決めつけれて、当たるぐらい腕があるなら
きっと良い。


著者の敬人 與那城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。