「有言実行」より「十言三行」

有限実行めっちゃ大事。

最初に言っときます。

有言実行めっちゃ大事、


実際、僕も大切にしてきた。

酒をやめると言ったらやめた。

たぼこもやめると言ったらやめた。

10年毎日走ると決めたら毎日走っている(今日で574日目)

浮気しないと決めたら5年間他の子と手すら繋いだことなかった、


有言実行めっちゃ大事。

ここまで言えば大丈夫か。


本題に入ります。



有言実行は時代遅れである



時代はものすごいスピード変わってる。

この10年で明らかに変わったこと、それは情報量だ。

インターネット革命だ。


僕らが10代20代で得られた情報量と

今の若者が得られる情報量は全く違う。

今の若者は僕らが社会人になって初めて知った、

企画書つくりや電話の掛け方、デザインや起業の仕方まで

インターネットでワンクリックで得ることができる。


僕らの時代はそういう情報は

先輩に聞きに行くか、本屋で本を買うしか得られなかった。


つまり知識に価値があった。

意識高い系はこぞって知識に投資した。

でもいまは知識になんの価値もない。

知識はグーグルにより平等に分配された。

知ってることに価値はない。


ではこんな時代に価値が出るものは何か。


それは行動力だ。


みんなが知識を食べ漁ってる間に、

いち早く外に飛び出せるかどうか。

周りがたくさんの選択肢に迷ってる間に、

いち早くその中から選び出せるかどうか。


スピード

そして

行動力


それこそが今の意識高い系が投資すべきものだ。

こんな時代に有言実行なんて合わない。


100の選択肢から素早く一つを選ベば間違うことだってある。

かと言って間違わないように100から一つを選ぶことに

時間をかけるほど世の中のんびり回ってない。


さっさと100の中からまず10個選んでしまえばいい。

全部やってみて3つでも面白いものが残れば儲けもんだ。

他の7つは違ってたらやめればいい。

有言実行って言葉にとらわれる必要もない。


僕は最初に書いたように

やると言ったらやるので

有言実行の男だと言われることがある。


だが真実は、

有言実行したことと同じくらい

やめたことがある。


世界100カ国周ると言ってやめたし、

スカジャンの会社もやめた。そんなもんだ。


周りが時間かけて一つ選んでる間に

僕らはさっさと行動しよう。


失敗しても大丈夫。


僕らは7回失敗できる

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。