受け入れ難い事程、己のこっちゃ

人は自分の事を棚に上げて他人の行動を批判したがる。


と、他人の言動や行動を見て思っていた。


が、土屋自身にも当てはまる事だ。



仕事をサボってる奴の批判を

本人の居ない所でやたらとしたがる人間は多い。


で、己もサボっている癖に

他人のサボりは黙っていられないのが常。


互いに「アイツは・・」と、ほぼ同時に

違う場所で言い合っている現実を知って思ったのだが、

愚痴を吐いている暇があればある程

質の悪い仕事に結びつく。


前に嫌いな上司に言われた事を思い出したニヤニヤ


得意先の呼び名を短縮して口にしたら

無茶苦茶怒られて、

「普段、お得意様の事を短縮して呼んでいると

必ずお客様の前でもポロっと出るものだ。

だから、常日頃から○○様、〇〇さんと、

丁寧に呼ぶ癖をつけておけ。」と。


当時はムカついていたが、

至極真っ当である。真顔真顔


馬鹿にした物言いや態度は、

いくらお客様の前で格好つけても

すぐにボロが出る。

そしてそんな雰囲気を纏(まと)う。


仕事の愚痴が多い奴は、

必ず仕事の質が下がり、

大事な時に相手の信頼を損なう。


そんな人間模様を見ていて

あぁ、自分にとって必要な経験をさせてもらってんやなぁ・・

嫌いだった上司にも「伝える」役割があったのかと

ふとぅ~に感じることができたわ 笑ウインク

(普通)

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。