新幹線で田舎へ帰るおじいちゃんと、会えない寂しさを隠すお孫さんの、別れる数分前の車内の話。 前編


寂しいとき、男の子は強がってしまいがちだ。
そうしていないと、心の、涙の、堤防が決壊してしまうのかもしれない。

この間お乗せしたのは、
ゴールデンウィークで田舎から出てきたおじいちゃんと、
お孫さんの兄妹2人の3人。
家族で神宮球場に野球を見に行き、おじいちゃんはこの後新幹線で田舎へ帰る日程らしい。
少しの間、離れることになるため、別れる前に
兄妹の父親がおじいちゃんと二人を同じタクシーに乗せた。
あと少しでおじいちゃんと少しの間サヨナラをする。

そんなセンチメンタルなひと時のはなし。

[おじいちゃん(以下お) 裕太((仮)以下裕) みさき((仮)以下み)]

父「じゃあ裕太!みさき!こっち乗って、で父さん、東京駅八重洲口だから、またあとで、運転手さん、お願いします!」

時間がないのか、慌ただしい様子で二組に分かれて乗って来た。
おじいちゃんは「東京駅の八重洲口」と行き先を告げた後、話始める。
乗るときとは一変、車内の空気はゆったりとしてきた。

お「裕太~、試合勝ったな」

裕「うん、ホームラン見れたのは良かったね!」

お「凄かったもんな~、、ホームラン打ったのは誰だっけ?」

裕「ん、あれはムラカミ、背番号55だよ」

お「村上選手か、55ってことはゴジラだな」

裕「ヤクルトのゴジラになるかもね」

み「なんでゴジラなの~?」

裕「松井っていうホームランバッターがゴジラって言われてたから、55番の背番号で。まあどのチームにも55番いるから、みんなゴジラになるけどね」

お「ゴジラは凄い選手だったんだよ」

み「ふーん」

お「裕太は野球の調子はどうだ?」

裕「ふつう」

お「そうか笑、普通か、試合には出てるの?」

裕「出てるよ、でも普通って感じかな」

お「もう5年生だもんな、裕太は」

裕「うん」

お「みさきは2年生?」

み「そう、二年生」

お「二人とも大きくなるの早いな~、
前まではこんなに小っちゃかったのに~。
みさきはまだ赤ちゃんでこんなに小さかったぞ」

み「え~笑、そんなに小っちゃくないよ~」

会話だけを聞いてもとくに面白味はないと言える、
家族の会話なのだから当たり前だ。
しかし、私はその会話のどこかに寂しさを感じている。
あと数時間でおじいちゃんとお別れをするという
この後の展開が見えているからかもしれない。

お「裕太は大きくなったら何になるんだ?プロ野球選手か?」

裕「うん、そう。。。」

裕太の返事は素っ気ない。

お「みさきは大きくなったら何になるんだ?」

み「お花屋さんと、ケーキ屋さんと~、
あとね~まだいっぱいあるけど、忘れた」

みさきは明るい、この後離れることが分かっているけど、
寂しさをみせない、という明るさが運転手の私の心を少し震わす。

お「そっか~、みさきは大忙しだな。おじいちゃんも沢山見に行かないと」

み「おじいちゃんのケーキもつくるよ~、何ケーキが好き?」

お「おじいちゃんはね~、みさきが作ったものだったらなんでも好きだよ」

み「それじゃ分からないよ~笑」

お「みさきの作ったケーキは全部おじいちゃんが食べるからな~」

み「えー笑、そしたら、他のお客さんが食べれないじゃーん笑」

もし、この会話が
みさきちゃんとおじいちゃんの最後の会話だったら。。。
そう考えると、涙が出そうになる。
おじいちゃんはまだ60代ほどで若く元気に見えるが、
何が起きるかは分からない。

お「裕太の試合も見に行くぞ。裕太はどこのチーム入りたいんだ?」

裕「ん、ヤクルト、でもプロ野球選手になれるならどこでもいい」

お「そうか、じゃあどこに行っても応援行けるように
おじいちゃんは元気でいとかないとな」

裕「そうだね」

裕太は相変わらず素っ気ない、先ほどに増して素っ気ない。
この後別れる寂しさを押し殺しているのが窺える。

おじいちゃんとお孫さん二人のやり取りに、
もしも、事故など起こしたら、、、と考えると、
命を預かっている私のハンドルを握る手は少し力が入り、背筋が伸びる。

次第に東京駅が近づいていくる。

お「このゴールデンウィークは楽しかったか?」

み「楽しかった~」

裕「まあ、楽しかった」

お「そっかそっか~、良かった」

み「みさきは~ジブリの森美術館がたのしかった~」

お「みさきはジブリ好きなのか?」

み「うん」

ジブリ、、、
この車内で、私もたった今ジブリさながらの人間模様を鑑賞している。

三鷹の森ジブリ美術館を、ジブリの森美術館と言うあたりもそれっぽい。

寂しさを見せないように明るく振舞う妹のみさきちゃん。
何か話すと寂しさの波が押し寄せてくるせいで
冷たく、素っ気なく振舞う裕太君。
会えなくなることを一番理解し、この時間を精一杯楽しもうとしている
おじいちゃん。

みさきちゃんも裕太くんもそれぞれ寂しさを感じるが、
一番寂しいのはおじいちゃんかもしれない。

そして、東京駅がすぐそこに迫って来た。


続く


著者の敬人 與那城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。