「オナラをした某男性アイドル」タクシー運転手より

ある日、六本木で某アイドル(男)が手を挙げた、
タクシーを止める立ち姿ですぐに気付く。

「(あ、あれ〇〇だ)」

目的地は銀座で、何事もなくお送りするが、
目的地直前で車内に屁の匂いか漂いだす。

「ん?」

私はしていない、
密室で二人であれば必然的に誰かは決まる。
とはいえ、屁をしたことなど特に気にはしていない。
オナラなんて誰でもする。
それがアイドルであろうと。。。

「お客様~、お止めする場所は・・・」

「え~っと、この辺でいいっすよ~」

タクシーをお止めしお会計をした。
まだ屁の匂いはする、
だが気にはしていない。

お客様がアイドルであると気付いている。
そのアイドルがオナラをしたことも気づいている。
しかし、それは見せなかった。
ちょっとした優しさだ。

お会計のやり取りで、後ろを振り向くと

鼻をおさえ「こいつ屁こきやがった」の表情。

オマエだろっ!笑


まさかの表情に笑いかけた。


著者の敬人 與那城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。