独り言

私は中卒の何の得意分野もない、ただの51歳のおっさんです。

その何の取り柄もないおっさんが、45歳から会社を立ち上げて、学生アルバイトメインの会社を社員一名(私だけ)の小さな会社を営んでいます。
毎年3月になると就職で、アルバイトの子達が卒業して行くのですが、毎年この時期アルバイトの子から温かい感謝のメールを沢山もらいます。
「独り言メール凄く勉強になり、いつも楽しみに、そして、楽しく読んでました」と言う内容が本当に多くいつもびっくりするのです。
私は一生懸命働くスタッフ、ちょっと生意気なスタッフ全員可愛くて、この子達が社会に出た時、
・少々の壁も乗り越えられる人
・自由な発想ができる人
・自分に限界を作らない人
・今の自分の状況を環境や誰かの責任にしない人
になってほしくて、毎月4通ほどの「独り言」メールを送るようにしたのです。それが、意外と好評で・・・笑
内容は、私が中学卒業してから様々な仕事に就き、様々な失敗を経験したことを元に「これしたら失敗するよ」的な感じのことをメールしています。
一人でも共感できる方がいたらいいなと思い・・・沢山の独り言メールから抜粋して載せてみます。

独り言「走る」

最近思うのですが・・・
一つのことを始める時・・・
例えば、就職した時・・・
みんな一瞬燃えるんです。一瞬飛ぶんです。
でも、持続が難しいですよね。
段々低空になって滑走路に着地するんですよ。

滑走路に着地しても走って入ればまた飛べますが、
歩く人がいます。滑走路を・・・歩く訳ですから今度は逆に沈んで行っちゃうんです。重さで。。。笑

必死で走って入れば必ず再び飛びます。絶対です。
踠いて、踠いて必死に走ってるその必死な姿を見て、周りの人が飛べる様に応援します。
誰が、歩く人を応援しますか?

男性でも女性でも、必死で走ってる人と歩いてる人どちらが魅力ありますか?

私ですか・・・・ずっと走ってます。全速力で・・・ずっと・・・足パンパンです。笑
全然飛ばないんですよねー笑

私のことを周りの人は「飛んでる」「低空やけど飛んでるね」って思ってる人が多いです。
全然私は飛んでるつもりは無いのですが・・・
でも、そうやって周りから見られることも大事なんですよね。
私に対しての接し方とかが全然変わりますし、「あかん、実は飛べてないことバレたらあかん」って
思うので、それがまた走る原動力になったりします。笑

学業・就活・就職・・・走って下さい。途中こけても(失敗)大丈夫です。たまに休みも取ってまた走って下さい。
勉強も仕事も全て待ってても何もならないです。自分で何を今やるべきかを考える力を身に付けて下さいね。
考えたら・・・行動・・・それが走るです。
仕事とは・・・基本自分で見つけるものです。
与えられるものと勘違いしがちですが・・・違います。
会社とは・・・仕事を出来る環境を整えてるだけです。
学校が勉強をできる環境を整えてると同じです。
できない人はクビになるでしょ?卒業できないでしょ?
(芝も2社ぐらいクビになりましたよ。酷かったですから俺・・・今考えると・・・笑)

芝はずっと走ってますが、サラリーマン時代は温暖な海の底で足組んで熱帯魚をボーと見てたので
今そのツケが回ってると思ってます。笑笑
それを気付けただけでもラッキーです。ずっと海の底に沈んだままの人もいる訳ですから・・・それが普通と錯覚してしまうんです。

あと、失敗は若いうちにいっぱいして下さい。
体と同じで・・・少々の傷・風邪・体力全て、年齢とともに回復力が鈍くなるのですが・・・
失敗も年齢とともに取り返しがつき辛くなりますから・・・

独り言「博打」

「博打・勝負」
この繰り返しが人の人生だと思うんですね。

試験・入試・就活・恋愛・結婚・営業・上司との付合い・
一日の仕事・転職・初めて行くご飯屋さん(美味い・不味い)
冗談(ウケる・ウケない)

そう考えると、勝率5割の人っていないと思うんです。
殆どの人が負け越してると・・・

100戦して1勝・・・その1勝が
99敗分を覆す価値のある1勝であれば・・・?
その人は勝ち組と考えるんです。(お金では無くて)

例えば、99敗でその後、自分の考え方や生き方を変えさせてもらえる人がいて
そして、残り最高の人生であれば勝ちですよね?

「失敗は成功にの元」と言う言葉がある様に・・・

負け数よりも、「勝の価値」が重要だと思います。

転職=負けです。殆どの人がそれを負けと認めません。
何故ならば、仕事の内容だとか、上司のせいにするからです。
人のせいにせず、認めたらいいんです。負けと・・・
そして、転職先で勝負したらいいんです。

何度転職してもいいと思います。
何度負けてもいいと思います。
肝心なのは、負けを認めることです。
認めることで、向上心が芽生えます。
認めない人はずっと、そのままです。

なので、「俺いつも失敗ばかり」とくよくよするのは無駄
皆人それぞれ違う失敗を繰り返してるからです。

皆さんは、
数少ない勝ちを求めて下さい。
それを価値あるものに・・・
小さな「勝ちの価値も」も大事に・・・

独り言「成長」

人は成長するものです。間違えればマイナスに成長することもあります。

プラスの成長はでよく聞くのが、
1、年齢とともに・・・
2、ふ、としたことで、やりたい仕事が見つかる。
3、自分の常識・考え・生き方を劇的に変える人で出会った。
って言うのはよく聞くと思います。

人が語らない、劇的な成長、また、間違えればマイナスに成長していく物が一つあると考えてます。

それは・・・

自分の後輩・部下が出来た時です。

皆さんは、経験ないですか?
こんな、先輩になりたいと思ったこと無いですか?
社会人になれば、こんな上司になりたいと思う人が出てきます。

特に社会に出て、かっこいいい上司は、基本部下思いなんですね。
部下をどれだけ思いやってあげれるか?なんです。
時には厳しく、時には優しく、そして、自分が第一線でガツガツ仕事する上司ってかっこいいと思うはずです。
自分が模範にならなければ、部下は付いてきません。
そこで、自身の成長があるわけです。

では、マイナスになる人はどう言う人か・・・
口だけで、一切動かない人です。
そのポジションに胡座をかく人です。

嫌な上司ですよね。

でも、楽なんです。口だけ偉そうにしていればいいわけですから・・・

かっこいい上司、憧れる上司は
自ら「しんどい」ことしてます。

なので、ここで、劇的にプラスに成長する人とマイナスに成長する人に分かれることが多いわけです。

部下に憧れる上司・先輩になりたいって、普通の思考回路であれば、誰しも思うはずです。
少し背伸びしていいと思います。少しぐらいの無理してもいいと思います。
努力することです。
そうすれば、それが普通になってきます。そして、自身が成長します。
その努力を怠り、そのポジションに胡座をかくことは、簡単です。
どちらを選ぶかは自由です。ただ、プラス・マイナスの見返りは必ずやってきます。

イチローの名言があります。
「努力は自分を裏切らない」

著者のShiba Yoshiakiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。