土田御前

つい最近まで、

実家出入り禁止処分を受けていたのだが、

土屋に4人目の孫ができたのをきっかけに

実家への出入りを解禁され、

1ヶ月に一回は

ひ孫を会わせに通う日々。



出入り禁止って、大概やでな・・

正論を口にすれば耳の痛い事と

重なるから、思った事を言うと

即刻出入り禁止となる。



頑固な親って、他もそうなん?

土屋は息子や娘と話も噛み合うし、

互いに理解しあって楽しいけどなぁ・・



ま、弟の精神疲労軽減にもなるかと思い、

娘と共に頑張って通っている。


丁度、父の誕生日も重なって

実家で食事を終えた時に

コーナンで花を買ってこようと

出かけることにした。



すると、土田御前(どたごぜん)並の母が

一緒についてくると言う。滝汗


きっと、お父さんに花を

プレゼントすると言えば

反撃してくるだろうと思った。


夫婦不仲であり、

自分を一番に思ってもらわないと

気が済まない質だからだ。


ところがだ。


機嫌がよろしい。ニヤニヤ


おまけに「これなんかどう?」と

一緒に選んでくれた。ポーン


後で娘と話したのだが、

母の作ってくれた食事を

美味しいと評価して全部食べ、

ひ孫を抱きしめて

相当満足したのだろう。


そして、家からちょっとでも

出たかったのだろうと話した。


不仲な夫婦が1日一緒に居るのは

母もストレスなんだろうと思った。


自分で好きな事をしたり、

趣味を生かす事が下手過ぎて

自らストレスになる環境を

作り出しているのは事実だが、


自力で考え行動するには

もう年齢的にも難しいと感じた。


自己中な人間程、

共依存症である。


責任転嫁の名人でもある。


自分の治すべき性格を

直視する事ができないのだ。


他人の欠点をすかさず

見極める能力に長けているが、

決してそれが自分の内面である事を

認めようとしない。




言葉の暴力さながらの教育を受け、

ボロボロに育ってきたが、

きっと真実を見極める力を

訓練する為に、この両親が

そういった「役目」を

買って出てくれたのだろう。


私は悲惨な人生でした。ではなく、

だったら「その人生変えてやる」と

底力が出せるように、

谷底へ突き落とされ、

這い上がるよう

自分で設定したんだと感じた。




著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。