相当陰口叩かれてたんだ・・・自分

怪我した部分や、打身のアザを

一々見せにくる大人がいる。


生爪が剥がれかかっただの、

バイクのマフラーで

火傷しただの、

事故った時の写真を

わざわざ見せてくる。


そういう奴に限って、

他人と自分を比較したがり、

いつでも自分を褒めて欲しいのだ。


あの人よりは自分の方ができる。とか、

あんな人よりは自分が上。とか、


何かにつけて

すぐに自分が上だと

言ってくれ話題に持っていこうとする。


評価して欲しいんだな?


と、察して褒めちぎってみた。


すると、


図に乗る。ニヤニヤ


面倒臭い奴だ。


あぁ、自分も最近まで

こんな人間だったな・・・

自分を見ているみたいだ。


違う視点に立って観察すると

昔の自分がイケテナイって

すぐわかる。


・・・相当陰口叩かれてたんだ・・・って

気付く。ゲッソリ



恥ずかしい。デレデレ


他人の批判話は、

自分を正当化する為に

他人を悪く言って納得しようと

その場をやり過ごしているに過ぎない。


そんな低次元な人間も

そん時は、そうしないと

生きていけないんだ・・


自分がそうだったから・・


と、生暖かく

見守る事にした。真顔


人間だもんな。

褒めて欲しいなら

良いとこ見つけて

一杯褒めてやるぞ。


と、自分にも言ってみた。ウインク



著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。