タクシー運転手の日常「笑わせたら7,000円」

東京のタクシーは初乗りそのままのワンメーターで410円になる。

正直言って売上としては微々たるモノ。

そんな410円が7,000円に変わる出来事があった。

東京駅付近で母娘をお乗せし、行き先はそこから2,000円程になる場所。

道も走りやすいコースにだったため、気楽にお送りしていると
目的地寸前までメーターを押し忘れて空車で走っている。

やってしまった!!!

2,000円近い売上が全部パー!

そこで気付いて実車に変えても100m先が目的地。
料金は410円。

あ~、と凹む感情が湧きたつ前に
後ろからお母さんの笑い声が聞こえてきた。

母「あれ、今押しちゃいました?(笑)」

私「はい~、たまにやるんです」

母「は~っはっはっは」

大爆笑してる。

母「え?売上ほぼゼロってことですか?」

私「はい~(笑)、ボクの責任なのでしょうがないです~(笑)」

母「は~っはっはっは、おもしろーい」

私「お客様、料金は410円で結構です」

母「いやいや、払いますよ、これじゃ大変でしょ」

私「いえ、たまにあることなので」

母「いえいえ、もともと払う料金ですから」

私「いや、提示された金額以上は・・」

母「なんなら、これでラーメンでも食べてください」

私「え!良いんですか?すみません。」

母「面白かったんで」

私「うぁー!ありがとうございます!」

お札を3枚置いていった。

いつも利用するから2,000円程掛かる距離だと分かっていて払ってくれた。
その上チップまで。

なんてラッキーだ、と思い降車したあとお札を手に取ると
一番下のお札は五千円札!

「え!?まさか!!」

間違いだと思い、すぐに降りて追いかけるも
建物内に入っていき、見当たらなかった。

確認は出来なかったが、
さすがに「これでラーメン食べて」で5,000円出す人いないよな~。

410円が7,000円になった。

著者の敬人 與那城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。