潰れるやぶ歯科と潰れないブラック歯科

さあ、コロナ失業に怯えるパートタイマーの歯科衛生士と歯科助手さんたちよ。



 私が楽しい話をひとつしよう。
 私が勤務してきたやぶ歯科とブラック歯科の話。なぜ、ここまで書かないで来たかというと、書くとね、歯科医院の個人特定が、まずまずい、のと。営業妨害ね。
 あと同業者を叩いてはいけないのよね。この医療業界は。ほんと、それに尽きる。入社するときに、誓約書書かせられるしね。

 1番ビックリしたのは、歯科エージェントを通して入った某大手の歯医者さんです。そこは、自費率もよく、そこそこ有名なんだけど、まあ、悪名高い歯医者、とも言うかな。

 地元にいる歯科衛生士は、まず、いかない。患者受けも賛否両論。お金もちの患者には優しいので、VIP待遇を受けた患者からは評判がいいだろう。が、保険診療を望んで、塩対応された患者さんは溜まったものでは、ない。

 インターネットの口コミも荒れる。


 デンターネットは、あれは、サクラだろうね。それかデンターネットは、管理者が批判コメントを削除している可能性がある。

 そのブラック歯科だけど、エージェント料金ちょろまかしたくて、私が退職するとき、この日に退職したことにしろ。残り2ヶ月は、引き継ぎだったといえ。と、まあ、カウンセリングルームで言われたわけですよ。で、案の定、残りの2ヶ月の給与が振り込まれなかったの。ボランティアかよ!っていうね。

 嫌な予感したから、全部録音したけどね。刑事裁判では、相手の承諾のない録音は、ダメだけど、パワハラとかセクハラの民事裁判とかでは、内緒で録音したものも、証拠能力があるんだよ。

 それで、エージェントの私の担当さんにすぐ相談して、労働基準監督署にも相談して、労働基準監督署も動いたし、それでもね。ブラック歯科はしらばっくれるのね。エージェント会社の弁護士まで動いてしまったよね。

 これ、エージェント通して入ったからこんなもので済んだけど、個人で契約して勤務していたらもっと大変なめにあっていたよね。泣き寝入りするしかないよね。2ヶ月の給与も貰えずに。


 もう1軒は、
 院長が、神経を取りきらなかった幼児に、キャビトンという、仮封材を詰めたのね。

 キャビトン、検索してみて。歯科材料で。裏層材もせず、神経とらずの歯にキャビトンは、普通、詰めないのね。
 で、止めたんだけど、患者の前でお前は俺に恥をかかせた!って。

 そのお子さんには、ネオダインという仮封材つめて、返したの。トラブルにもならず、翌週、抜髄もしたのね。 
 私もね、言い方良くなかったなって当日も謝罪したしね。翌日から何事も無かったように仕事になったよ。

 だけど、どんどんシフトを、削られたよ。最後は辞めます、と私から言うしかなかった。ここはエージェント通してなかったから、他のスタッフさんも私を庇った衛生士のパートタイマーさんは、辞めさせられていきました。やぶ歯科さんでした。


 やぶ歯科さんは、その後、現在、このコロナで患者さん激減し、閉院の危機に晒されています。

 ブラック歯科の大手さんは、なんだかんだでお金があって、まだまだ存続してそうですが。


 医療って、歯科って、患者さんの痛みを救うためのもの、と私は思っていました。

 が、実際は保険診療だけでは、歯科は、特に潰れます。歯科材料が高騰していて、保険診療で生き残れないからです。

 自費をしなければいけなくなり、だんだんサービス業のような歯医者ばかりになり、土日もやる、儲けに走る。

 それも、生きるためには、必要なんだろうけどね。ただ、ひとつ、言えることがある。

 院長先生、あなたの人柄だよ。生き残れるかどうかは、ね。

 特にこんなコロナで、自分の命晒してついていってもいいか、と思えるかと思った時に、スタッフが残ってくれるかどうかは、もう、院長の【人望】だと、私は、思っています。


 理不尽な勤務先、歯科でも企業でもね。泣き寝入りしている全ての働く人たちへ。

 泣かないで。希望を捨てないで。命を守ってください。私はあなたの命を、守りたい。あなたの笑顔を守りたい。やぶ歯科もブラック歯科も、コロナが、やってくるよ。

#コロナ失業 #歯科衛生士 #ブラック #やぶ医者

 

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。