アバンギャルドな「どら焼き」で世界を目指す話

あれは、昨年末の話でした。
先輩に渋谷の牛角で世界的なラグジュアリーブランドのデザイナーさんをご紹介いただきました。有名なラグジュアリーブランドで、デザイナーさんは恐らく30前後、ゲイとのことでした。うちの家業は、和菓子屋ということも有り、手土産としてどら焼きを持って行きました。

先輩
どら焼きっていうお菓子なんだけど、どう思う?
デザイナーさん
こいつは、アバンギャルドな食べ物だな!
自分
????
日本人の感性であれば、どら焼きは横にして見ると思います。しかし、世界的なデザイナーは、感性が違います。どら焼きを縦にして、女性器に似ていると言い出しました。
日本人の伝統的な食べ物が、イギリスでアバンギャルドなCoolJapanになりえると感じた瞬間でした。このどら焼きを女性器という名称で、海外で売りだそうという話をしてもらいました。

僕は、お酒の場の冗談だと思っていました。
しかし、そのブランドのパーティで、うちのどら焼きをお土産に使ってもらえるという話を本当にもらい、しかも、それがこの6月に実現してしまいました!!Gucciがジョジョとコラボして、ニューヨークの5番街に飾られてしまう時代です。
この有名ブランドのパーティにどら焼きを使って頂いて以来、復数の国内の有名企業から、コラボの話をいただいています。
どら焼きを食べながらジョジョ立ちしてニューヨークの5番街に立つという野望が生まれた出来事でした。

みんなの読んで良かった!