路頭に迷っている幼い柴犬をみて②

前話: 路頭に迷っている幼い柴犬をみて

(前回までのあらすじ)

〜大学から家に帰って一人でジョギングへ行った、家の犬は寝てた。そんな折国道に幼い柴犬が〜
あれ!
柴犬が迷子になってる。
しかも国道沿いに歩いている。

反対側の道に困った顔をしてうろうろしている柴犬がいたのです。
このまままでは車に跳ねられてしまう。

そう思い見ていたら、交差点へ向かって行った。
赤信号なのに、その犬はおかまい無しに反対側へ行った。
車は止まらなかったけれど、引かれずに無事渡って行った。
僕も方向が一緒だったので青になるのを待って追いかけて行った。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の竹中 元浩さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。