タクシー運転手の日常「ぼったくり金の行き場」

「ぼったくりバーであいつ100億つくってんだよ。」

そんな言葉を聞いて聞き耳が立たないほうがおかしい。
ここに投稿するためでなく、単純に話に興味を持った。
1人が話をし、もう1人は聞きながら相槌をうつ。

「でも、そのお店の関係でヤクザにボロボロにされたらしい、
そいつも、その周りの人間も」

「それでその後、サクラ70%の出会い系でも100億くらいつくってんだよ。どんだけ金に執着あるんだよって話だよな」

男二人は風貌が悪い訳ではないが、それらの話をしていた。

「それでな、その後何し始めたかっていうと、金が余るからやることなくなって慈善事業始めたんだよ」

「○○ってあるだろ?あそこは一度経営でピンチに陥ったんだよ。
だけど、そこを救うためにそいつが動き始めたことで復活してテレビでも取り上げられるようになったんだよ」
(特定の名前は伏せます)

誰もが知るようなとある場所のピンチを救ったという話。
確かにそのようなドラマも実在する。

「ぼったくった金で慈善事業ってどうかしてるよな」

「まさか、そこのお客さんもぼったくりのお金がそこに流れているとは分からんだろうし」

そこで一人が降りて行くために話が途絶えた。
社会の裏側を覗くような話だった。


著者の敬人 與那城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。