「将来の夢はなんですか?」

「将来の夢はなんですか?」


2週連続で参加させていただいた

ズームイベントで2週連続でもらった質問。

この質問に僕は、


「質問の”夢”がどの尺度のことを指すのかわかりませんが、遠いものだと100歳で火星でピークを迎え死ぬという夢があります」


と答えた。

「夢ってそんな感じでいいんだと軽くなりました笑」

という意見がイベント後、

どこからともなく聞こえてきた笑


でもほんとそんな感じでいいと思う。

質問の回答の中でも話したが、

夢や目標なんて所詮、

人生を充実するための手段に過ぎない。

目的地がわからない迷路を彷徨うより、

頂上が見える山に登る方が楽だ。

ゴールが見えると人間頑張れる。

ゴールまで近づいたという進捗確認も嬉しい。

振り返ったときの絶景という奴だ。


だからそんな夢なんてもんは気軽に考えればいいと思う。

どうせ思った通りにいかないから。

人生で一つ確かなことは、

思い描いたようにいかないってことくらいだ。


だからそんな難しく考えずに、

思いついたことを夢だと言えばいい。

夢という言葉がきっと重いんだろうな。

これからはギャグと呼ぼう。


100歳でどうなってたらおもろい?


ちなみに僕は、

火星と決めてから1年間、

未来の映画や本ばっか読み漁り、

体づくりを毎日し、

MARSというドラマを見て、

イメージトレーニングをしている。


こんなもん夢というよりギャグである。

誰もがギャグを持てる世界へ。


「将来のギャグはなんですか?」

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。