「こんな時代になったが日本人は海外に出るべきなのか?」

さて、世界は鎖国時代に入るのか?


歴史を辿れば、

これからコロナは収束するどころか、

第二波、第三波がきて、

落ち着くまで少なくとも2年はかかると言われている。

バッダの大群からの食料危機、

大地震からの経済危機、

100年来の世界恐慌、

などといった色々な憶測が飛び交う中、

確実に言えることは、

今までどおりには自由に動けなくなるということだ。


なぜか?


コロナを抑えるには

人との接触を防がないといけない。

つまり人を移動させないことが

国家戦略となっていく可能性が高い。

そう、鎖国だ。


せっかくロックダウンしたのに、

海外からノコノコ感染者がやってきては

努力は水の泡だ。

そこには制限をかけないといけない。


グローバル化の流れは一度閉店し、

分断化の時代がこれから開店する。


とここまで言ってきたが、

僕らがやりたいことは一貫して日本人を

海外に出す、ということ、

海外挑戦者の溜まり場と言ってるくらいだし

本当は会社のトップとして

こんなマイナスなことを言うべきではない、


が現実だから仕方ない。

さて、それでも日本人は海外に出るべきなのか。

答えは、

Yes & No

だ。


出たい人は出ればいいし、

出たくない人は出なくていい。


この答えはコロナ前も後も変わらない。

自分がやりたいことはやるべきだし、

人は納得した生き方をすべきだからだ。


とはいえ、

なかなか海外に出るハードルは上がった。

これも事実。


だから僕らは上がりゆくハードルと正面から向き合い、

そのハードルを下げていく努力をこれからしていく。


まずはTAMARIBA TERMINAL を始めます。

毎週土曜日開催。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。