すべての神と仏に見守られる方法

<人生を垣間見る仕事>

 仕事というもののほとんどは、人との触れ合いで成り立つんだけど、   「人生の危機的状況」に出会う看護師をしていると、                凝縮した人生を垣間見ることが多い。

<美しい人の余命がわずか、と言われたら>

 不謹慎だけどドラマチックだ。                     透き通る白い肌。細い腕とくぼんだ鎖骨、でも、貧相ではない。            品のいい高い鼻、琥珀色の大きな瞳。ぬれたようなまつ毛、というか、      本当にいつも涙ぐんでいた。余命半年だったから。                            ~若い男性患者が入院してくると「21歳なの」と10歳サバをよむけど、    疑うスキがない、薄幸の美女。                                    ~病院食のデザートのプリンを真っ先に飲み込んでから、             「私のお盆に、プリンがないの」とナースコールを押す美女。                      ~夜勤を理由に肌の荒れた看護師たちに、「私のお肌を触ってみて」と、       勝ち誇ったほほえみを(そう見えた)たたえる美女。                    若い看護師たちは葛藤していた。「患者を悪く言っちゃいけない。」と。

<アイテム達>

 病院には、難病の療養病棟もあり、                           宗教家やボランティアの出入りを受け入れていた。                     ガイドラインはあったけれど、患者が望めばベッドサイドに訪ねて、          祈りや説法やただのおしゃべりもしてもらえた。                 美女は、身寄りがなく、訪問や、祈りの時間を多く希望した。                                                                     約束の日時には、引き出しからアイテムをだして飾り、                 カーテンをぴっちりと閉じて、訪問者と過ごす。                       老若男女の信者が日替わりでたくさんいて、賑やかだった。                「さみしいからまた来てほしい。」うるんだ瞳で懇願する美女に、           心動かされない人などいない。

<そして最期のとき>

 ある夜に、彼女は息を引き取った。                                若く男前の男性患者は、心配そうに様子をうかがいにきたので、            同僚は「天に旅立った」と美しい言葉を伝え、すかさず              「30年の短い人生でした」と付け加えた。                  21歳だと信じていた彼は、え・・・ と声を発して、部屋に戻った。 

ずっと言わずにいたことを思わずばらしたバツの悪さから、無言で持ち物を整理していたが、思わず同僚と私は、え・・・と声を発した。                                          ~マリア様。十字架。数珠。仏様。お札。水晶玉。。。          様々な宗派のアイテムが、無秩序にいっしょくたに入っていた。             こうなるともう、キャラメルのおまけにしか見えない。              そして、ベッド下の箱には、信者からの差し入れが入っていたと思われる、小さな容器がたくさん。

 神も仏もないわいな。思わずそうつぶやいて、ちょっと切なくなった。 信仰心はわからないけれど、おしゃべりや、なぐさめや、差し入れは、      心の安らぎだったに違いない

                                                            私と同僚は、誰かが訪ねてきても、                         「30歳でした」とか「手当たり次第の宗教でした」ではなく、           「美しく安らかなお顔でした」と伝えた。

<すべての神と仏に見守られる方法>

宗教には詳しくないけれど、宗教とはなんだと聞かれたら、             安らぎを得ようとすることだと答えるだろう。                            世界平和じゃなくてもいい。まずは自分の心の安らぎ

彼女は人目をはばからず自分の心に正直にふるまい、安らぎを得ていた。                                                       

何かにあがくとき必要がある時には、                        彼女のふるまいを真似できるように努力しよう。                  そうして初めて、                                   神と仏に見守られる資格があるように思う。




著者のみさを 西野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。