慣れるもの、慣れちゃいけないもの


ロックダウンに慣れた。

これはニューヨークの誰もが感じてることだろう。


最初に聞いた時の衝撃、

「外出禁止令?しかも1ヶ月?」


それが、

「一か月伸びます」

「まじかよ。。」


それが

「もう一か月伸びます」

「だろうね」


そんな感じで、

ニューヨークのロックダウンは

2か月を超えた。


もし最初に3か月、

と言われてたら、

みんなどう反応していたのだろうか。


新しいビジネスを考える、

会社を潰す、ニューヨークを出る、

など別の手段を取っていた人は多いだろう。

こうやって人は、

茹でガエル化されるのだ。


茹でガエルの話

カエルを熱湯に入れると、驚いて飛び出します。ところが、常温の水の中に入れて、少しずつ温度を上げていけば、変化に慣れて出ようとしません。熱くなったときにはもう飛び出ることができず、ゆであがってしまう、という話です。「ぬるま湯に浸っていては、環境変化に気づかないまま、手遅れになる」


状況に慣れることで

不安やストレスが軽減するかもしれない。

だが状況に甘んじてしまって、

大切な物を失ってしまう危険性もある。


働く時間が減り、

食生活が乱れてきた人、

睡眠が乱れてきた人、

人間関係が乱れてきた人、

全体として生活習慣が乱れて来た人

は要注意。


こういう不安定な時期こそ、

メンタルコントロール、

健康の維持のための、

習慣作りが大切だ。


ちなみに僕は毎日、

・40分のランニング

・腕立て腹筋スクワット100回

・修行2時間

を欠かさない。


他にも毎日の食事コントロールや読書、ブログなど、

いつもより厳しめにルール設定をしている。


徹底することで初めて、

乱れそうになる自分に敏感に気づくことができる。

お湯の温度の変化に気づくことができる。


今の生活に問題ない人はいいと思う。

でもちょっと乱れてきたなって感じた人は

茹で上がる前に飛び出そう。


変化に気付けるカエルでいよう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。