日々動揺する人、万事想定内の人

今日はウォールストリートジャーナルが日本の記事を掲載していた。


日本がコロナをコントロールしたとして緊急事態宣言を解除

https://t.co/0jcAfoGO6a


このまま第二波も見事に抑えて、

ジャパンモデルが世界の模範となることを願う。


さて、ウォールストリートというと、

まさに僕が住んでるエリアであり、

世界金融の中心地として言われているエリアであり、

平均年収が5000万と言われるエリアであり、(僕が相当下げていると思われる)

ロックダウンによりそのお金持ち40%が州外に避難しているエリアだ。

そんなウォール街を象徴するNY証券取引所も

2ヶ月間ロックダウンで閉鎖されており、

今日ちょうど再開された。


そのせいか今日は株価が上昇、

3月以来株価は右肩上がりとなっている。

そう最近株価は幹並み上がってきているのだ。


ここで一つの疑問が湧く。


経済後退入りと言われてるのに、

なぜ株価は上がるのか?

企業の利益が減ってるのに、

なぜ会社の価値が上がるのか?

アメリカの失業率は15%を超え、

20%を超えていくだろうと言われている。

それなのに株価はどんどん上がる。

今年のGDPは30%ダウンするのではないかとさえ

言われている。なのに株価は上がる。なぜか?


その疑問については、

この一つの言葉で解決される。


織り込み済み


日本で流行った言葉で言えば、


想定内


である。

悪いと予測していて、

それ通りの結果なら、

株価は動揺しないって事。


例えば、

今週金曜日に、

失業率の統計発表があるとする。

景気後退だから、失業率20%と予測する。

でももし結果がそれよりも良い状態である18%だったら、

予想より悪くなかったってことで株価は上がる。

18%の失業率ってめちゃくちゃ悪いのに上がる。

それは想定より”良かった”となるとからだ。


学校のテストだって、

90点で悔しがる人もいれば、

50点でも喜ぶ人はいる。

株価もそれと一緒で、

実際の点数よりも、

みんなが何点を期待してるか、

が大事なのだ。


今は経済に対する期待値が物凄く低い。

だからその悪い想定より良ければ株価は上がる。


100年前の世界恐慌では、

ここからぐっと株価は下がっていった。

その時はスペイン風邪の第二波を、第三波もあった。

そして最後に戦争に入っていった。


さてこのパンデミックはどこへ続いていくのか。


川をのぼり、海を渡る


こういう時期だからこそ、

歴史を知り、世界を知り、

自分なりに予測する力をつけていこう。


パンデミックに翻弄され、

日々のニュースに動揺するのではなく、

できるだけ織り込み済、想定内にしてしまおう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。