世界最高のリベンジNo22

前話: 世界最高のリベンジNo21
次話: 世界最高のリベンジNo23




この時、初めて「アイツ(ラゴン)より優位に立った!」と感じた。


ラゴンと私の立場が逆転した瞬間だった。










逆に達成感と満足感で、ふすふすと嬉しさが込み上げてきた。

私の心はどれだけ冷めきっていたんだろう。


自分で関心するほど、ラゴンの事を敵や仇のようにしか思えなくなっていた。


帰宅中、車を運転しながら、知らず知らずにほくそ笑む私がいた。(ちと怖い)










「いつもこうやって、倫子と不貞を重ね帰宅し、当たり前のように過ごしていたんだ!」






違う人を見るような感覚でラゴンを見ていた。










まだ本当の決定的な証拠にはならない。


次は不貞の証拠が必要だ。 








すぐ手の届く所に、その時が待っているはず!!


その時、私はそう思っていた・・。

続きのストーリーはこちら!

世界最高のリベンジNo23

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。