結婚の徳

僕は結婚するまでの独身時代の間、


女性と同棲したことがない。


同棲=結婚という昭和的な考えが染みついていたのかもしれない。


いずれにせよ、結婚をした今回が初めての同棲生活である。


女性と同棲することによって、


生活スタイルなど、さまざまな変化はあることだろう。


その中でも決定的な”結婚(同棲)の徳”を今日はシェアしたいと思う。


まずは結論から…。


結婚(同棲)すると洗濯物が共有されるということだ。


『そんなことは、当たり前田のクラッカー…。』という声が聞こえてくることもわかる。


だがここは僕の表現の場だ。


僕の目線から”そのこと”を表現したいと思う。



独身時代、一人暮らしをしている家に女性がくることもある。


お泊りをする場合、一泊だけならいいが、


連休などで数泊かけて彼女が泊まりに来るとしよう。


その場合女性は、数枚の下着を含む着替えを持参するわけだ。


彼の大きめのワイシャツを着るなんてことは、バブル時代の幻想だと思ってほしい。


『部屋とワイシャツと私』


この曲にピンとくるなら、あなたは決して若くはないだろう。



話しがそれたが…。


何を言いたいかというと、


男性の家に泊まりに来る女性は、勝負下着を身に着けてくるということだ。


勝負下着とは、自身が持っている下着の中でより”可愛いもの”、”高価のもの”、


つまるところ、”お気に入りのもの”を指す。


そして独身男性は、女性の勝負下着以外を目にすることができないのだ。


僕は以前から思っていたことがある。


勝負下着として採用されるデザイン性重視のものは、


なんせ小さい…。


尻の半分が出てしまってる場合もあるくらいだ。


女性は毎日そんな小さい、レースが付いた下着なのだろうか?


もちろん違う。


勝負下着があるということは、平時下着もあるわけだ。


考えてみてほしい。


お気に入りの服があるとしよう。


いくらお気に入りでも毎回着てしまうと、洗濯などにより”くたびれて”しまう。


よって、自身にとって特別なときに着るようにするのではないだろうか。


この観点からすれば、女性の下着も同じである。


普段はデザイン性よりも、履き心地を重視することは当然である。


もちろん、履き心地とデザイン性の両方に優れたものもあることだろう。



話しを本題に戻そう…。


洗濯物を干しているときに、妻の平時下着を手にすること。


このことに僕は幸せを感じてしまう。


それは、付き合いたてのカップルが、初めて彼女のすっぴんを見た時と似ている。


自分にしか見せない部分。


ここに”結婚(同棲)の徳”を僕は感じるのだ。


人によっては、

常に綺麗でいてほしい、オシャレでいてほしい、メイクをしてほしい、などを求める男性もいるだろう。


しかし僕にとっては、人間味を感じることのほうが価値があるのだ。


そして僕ぐらいになると、


特別な予定がないはずの日に、


勝負レベルの下着が洗濯されているのをみると、


なんだか嫉妬してしまう自分がいる…。



結婚の徳~17エッセイ~ 完

著者のKazu Inaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。