有名なデザイナー7人

アートは単純的なアートではなく、社会を変える能力を持っている媒介である。有名なデザイナーは社会的なインフルエンサーで、アートという媒介いにょって社会を改善することができます。

という訳で、ここでは世界でごく有名なデザイナーを紹介します。

1.Kate Moross

Kate Morossは受賞歴のある有名なグラフィックデザイナーだけでなく、イラスト業界でトップのイラストレーターです。芸術的なKateはロンドンにStudio Morossというスタジオを設立し、ミュージックビデオ、雑誌表紙、テキスタイルなどの制作に携わっています。Studio Morossの設立はKateが他のクリエイティブな人々と一緒に仕事したくて自分の仕事分野を広げるための考えでした。小さい頃から設計業界で有名な人物であるKateは現代のグラフィックデザイナーとして、イラスト、動画、タイポグラフィを手がけています。今のところ、彼女はStudio Morossスタジオのアートディレクターの役職を努めています。Mini Cooper、ESPN、Fabergé、Paul Smith、Addidas及びNikeも彼女のビジネスパートナーです。

Kate Moross イラスト デザイナー 有名

 

2. Aaron Draplin

デトロイトで生まれ育ったアーロン・ドプリンは、グラフィックデザインについてのことをすべて独学で学びました。19歳の時、彼はスノーボードからグラフィックデザインの才能を発見してグラフィックデザインに関する本をたくさん読んでいた。2年後、キャリアのスタートとして、偶然にSolid Snowboardでスノーボードグラフィックを設計する機会を得ました。その後、Aaron DraplinはDraplin Design Co.を設立し、広告宣伝、カフェのロゴなどの設計仕事に携わっています。Union Binding Company、Field Notes memo books、Forum Snowboards、Snowboard MagazineおよびAbsinthe Filmsは、彼の一部のビジネスパートナーです。Primedia 2000の「アートディレクターオブザイヤー」の賞を受賞しました。

Aaron Draplin スノーボード デザイン グラフィック

 

3. Andrew Fairclough

Andrew Faircloughはロサンゼルスに住んでいる独学のイラストレーター、デザイナー、Kindred Studioのアートディレクターです。中世景色と古き良きSFとコミックアートの組み合わせた彼のデザインスタイルは、限定の色だけ使うのを特徴として、懐かしさを呼び起こすことができます。最初から、Andrew Faircloughはスノーボードのグラフィックに携わってきたが、現在ではたくさんの主なブランド(Jack Daniels, GQ, Playboy, Nike, Amex, Penguin Books, ESPN Magazine, Little White Lies and American Express)と協力しています。2015年、Andrew FaircloughはTrue Grit Texture Supply会社を設立し、デジタルブラシ及びテクスチャーの販売を始めました。

Andrew Fairclough 描画 デザイナー グラフィック

 

4.Hanah Ho

アメリカ議員ヒラリーデザインチームの元メンバーであるHanah Hoは、ニューヨークを拠点とするデザイナー兼アートディレクターです。ヒラリーのキャンペーンの商品及びメールのデザインを担当していました彼女はブランドアイデンティティ、デジタル、エディトリアルデザインなどの分野で長年の経験があります。デザイナー及びストラテジストとしてのHanahは楽しさと解像度を優先するグラフィックシステムの構築と改善を目指しいます。昔、彼女はThe Original Champions of Design、J.Crewといった会社で仕事したことがあり、世界的なメディアブランド「Advertising Age」のブランドガイドラインの作成に携わっていました。現在、Hanahは「The New York Times.」で働いています。

Hanah Ho デザイナー グラフィック

 

5.Mike Perry

エミー賞を受賞したMike Perryは信じられないほどのアーティストであり、グラフィックデザイナーです。彼の主な仕事は動画、画像、彫刻、アートインスタレーション、展示会、書籍などです。彼のデザインの目的は、遠くの銀河を凝視するという気がするように魂を震撼させるのを提供することである。中国、ドイツ、シンガポール、オーストラリア、オランダなど世界各地で沢山の作品を設計し、ロンドンで個展を行ったことがあるMike Perryは現在進行中の「#GetNudeGetDrawn」シリーズのキュレーターです。

Mike Perry 人気 デザイナー


6. Chad Michael

Chad Michael Studioの所有者であるChad Michaelはニューヨークを拠点とするデザイナーであり、ブランディングとパッケージデザインの専門知識を集中しています。スタジオを始める前は、Pearlfisher、Stranger&Stranger、Landorなどの一流の設計会社で働いていました。設計の高品質( 時間相当かかる)を維持するために、彼は全ての取引を受付なくクライアントを選択します。 彼のデザインは20以上の印刷物に掲載されており、その中にはHOW、Logos、CA Magazineなどがあります。Chad MichaelはJack Daniels、Entertainment Weeklyで働いていました。彼の素晴らしい作品は世界で認められて、さまざまな称賛を受けました。

デザイナー Chad Michael

7. Violaine & Jeremy

ペンシルスケッチから複雑なイラストまでこのクリエイティブな夫婦は、パリでグラフィックスタジオを運営し、複数のプロジェクトにアートディレクションを行っています。Violaine&Jeremyには彼らから提供された雑誌と企業ブランドについての専門知識が記載されています。二人の仕事分野はページデザイン、イラストレーション、アートディレクション、エディトリアルデザ、グラフィックを含めます。二人が設計した多くのデザインは特別でユニークな所があり、フランスの歴史及び文化を思い出せます。

Violaine Jeremy デザイナー デザイン

結論

成功のグラフィックデザイナーになりたいなら、ひっきりなしに努力する必要があります。以上記載されていたデザイナーズはだれでも、一瞬に有名になることではありません。世界で全ての成功した人は、その後ろには普通の人と同じで、きっといっぱい辛いことを経験しました。だが、彼たちが普通の人と異なる所は、最後まで続けられることです、それにそれぞれの夢を実現したのです!

https://www.parblo.jp/blogs/guide/7-successful-graphic-designers-you-need-to-know

著者のHao Chanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。