地方のエッセイコンテストで最優秀賞を受賞して全国出版したら、学生時代の友人を失ってしまった話

 某地方のエッセイコンテスト
【日本一の友情エッセイ】をみつけたのは、本屋にあった公募ガイドの1ページ。

 応募がどれだけあっても200人近くのエッセイ(1人10ページ)が載るというのに魅力を感じた。

 これなら佳作でも本に私の作品が載る!!これなら全国出版の経験かできる。

 そんな不純な理由で
私は小学校1年からの親友のことを書き綴った友情エッセイを、応募したところ、

まさかの【最優秀賞】をとり、トップバッターで掲載される。

 高校時代、文芸部と、美術部を掛け持ちして入部していたので、文芸部の友達がきっと一緒に喜んでくれる、そう思って私は打ち明けた。


 『は?いちるが全国出版?なにかの間違いじゃない?』

 そう、誰一人として、本を出すことをおめでとうと言う人はいなかった。みんな自分が出版したい。成績も文芸部の誰より落ちこぼれの私が最優秀賞で出版する、と知って

 文芸部の仲間と思っていたひとたちは、嫉妬をむき出しにしてきた。

 見下されていて、私が可哀想だからみんな一緒にいたのか、と思うくらいに。キツい物言いをされる。

 それで大半の文芸部友達を失って、受賞会場へいく。と。

 そこには、審査員の
【水木一郎】さんがいた。
  『いちるちゃんか!作品読んだよ。いやあ、苦労したね。東京で仕事をしているのか!歯科衛生士!!私も東京でライブやコンサートをしているから、東京のお父さんだと思ってコンサート聴きにくるんだゼーット!!!』と
めちゃくちゃテンションの高い人だった。

  しかしこういった芸能人という
ファンがいて
才能があって 
 特技に特化したひとたちは、ブレることなく、未来へ、前だけを見て進んでいく。

 
 心がとても救われた。

 芸能人もなにかに秀でていることで、友達をうしなったり、成功したり、モテることで本命から浮気を疑われたり、それは
本人のせいなのか。

  周りが嫉妬したり、不安になったことを、うまくいったヒトに感情をぶつけて、去っていってしまう。

 なにかを手にすると、必ずなにかを失っている。

 バランスを保つために。

 そこで私は、覚悟を、決める。

選ぶしかない。甘えがあるから、傷つくし、ショックを受ける。

 例えなにかを失うことがあったとしても、譲れないもの、やりたいことは、簡単に譲らないってことを、私は決めた。
  それは好きな人のこと。
  応援する芸能人や最推し。は、絶対譲れない。簡単に誰かに渡せるくらないなら最推しにしたりしない。

 書く、ことも。
 文章を、書くことは、なにがあっても、譲れない。これは、呼吸することと同じくらい、私には
【自分を表現するツール】だからだ。



 成功してうまくいっているように、見えたとしても、知名度が上がっても、不特定多数から
モテたとしても。


 大好きな本命から、認められたり、好きになって貰えないなら、意味が無い。

 もしも貴方が
なにかやり遂げようとしているなら、甘えを捨てろ!
  ズルして楽して成し遂げようとするな。ちゃんと本気でぶつかって、躓いても失敗してもいいから、やりたいことをきちんとした正攻法で勝ち取って欲しい。

 モテたいから、有名になりたいから、お金持ちになりたいから、では、成し遂げられない。

 なにが、したいのか。
 私は、自分の文章で、誰かの折れそうな心を助けたい。
 そのために、書く。ときに友人を失うことがあっても、恋人や家族を失うことがあっても。それだけは、譲ってはならない。

 【自分が本当に欲する物も者も簡単に諦めてはならない

  妬んだり、意地悪する全てのヒトに言いたいことは

 【やればブーメランのように自分も痛い目にあう】
人を呪わば穴二つ。

 エッセイコンテストは受賞したけど、小説の全国出版は、いまだに成功していない。

 生きているうちに
 出版社賞をとりたい。とる!
 そして応援する!!
 そして覚悟をする。

どんな事があっても、私は自分のものは、簡単に譲らない。

そしてそれを、必ず恥ずかしくても言葉にして行動ともに、相手に伝えていく。伝えなければ言わないのと同じ。存在してないのと同じ。

 傷つくとしても、ときに人を失うとしても、私はコミュニュケーションを諦めない。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。