日本敗北

さて、世界の資本主義の頂点を決めた昨日に引き続き

今日は世界の資本主義の本当の意味での頂点、

個人ではなく、その会社を調べて見よう。


まず日本。

日本1位はなんと言ってもトヨタ自動車。

20兆を超えてダントツ。

2位が14兆でソフトバンクグループ。

3位がキーエンスで11兆、

そのあとソニーやドコモと続いていく。


キーエンス?って人も多いと思うが、

就活をした人なら一度を聞いたことがある

平均年収が日本一のセンサーの会社だ。

僕自身、そのうたい文句と独特の採用方法に

魅せられ内定をもらった。最後はベンチャーを選んだが。

そんなすごい会社だったんだなって

今ならすごくわかる、そりゃ給料出るわ。


という感じでざらっと日本を見てきた。


さて世界戦はとなると、

もう単位が一桁変わってくる。



世界時価総額ランキング(2020年6月末時点)

トップは、サウジアラムコで172兆!サウジアラビアのオイルマネーだ。
そこから160兆でアップル、150兆でマイクロソフト、アマゾンで137兆と100兆超えが続いていく。

7位には中国のテンセント、8位にはアリババが入り、15位には韓国のサムスン電子が入っている。そろそろ日本か!と思いきや、20位には台湾・セミコンダクター・マニュファクチャリングが入り、そのあとも中国勢が続く。

では日本はどこかというと、我らがトヨタ自動車は46位。ここが日本最上。自動車界でいえば今年の頭まで首位を走っていたが、今や昨日のブログでもあげたテスラにも抜かれてしまった。


日本勢がどんどんランキングから後退していく、これは世界と日本との力関係を象徴しているのか。


ちなみに現在世界時価総額ランキング上位50社のうちトヨタ自動車だけが日本からはランクインしているが、1989年の日本バブル崩壊前は何社入っていただろう?


流石にバブルだからすごそうだ。


10社か


違う、



20社か、さすがに多すぎか



違う




32社!!!!



なんと。


30年でこの変化。

これが客観的事実。

幸福度とかリア充度とかそういうのはわからん。


ただ資本主義の中で見れば

後退中の後退。

全員退却!


って状態。


日本人がんばろ。


著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。