パーソナルトレーナー・キショウの教え

1 / 3 ページ

「ごとうさん、めっちゃ痩せた?!」


最近会う人会う人に言われるコトバ。


コロナで緊急事態宣言が発令される前後からかな?

会っていない人とは約2、3ヶ月ぶりの再会も多いです。


仕事で、プライベートで、コトあるごとに言われる、

「痩せた?!」のフレーズ。


まぁ、言われて悪い気は全くしません(笑

むしろ嬉しいです!!


ホントに痩せたのかって?

えぇ、見た目がスッカリ変わりましたよ!

3ヶ月前の僕とは別人です!!


ただ声をかけて頂ける皆さんに、

一点訂正をお願いしたいことがあります。

それは、「痩せた」のではなく「鍛えた」んです!


痩せたと聞くと、

食べてないとか病気になったとか、

ネガティブなイメージですよね。


でも僕はしっかりと「鍛え」ました。

そして、鍛えることで今のカラダを手に入れただけではなく、

「メンタル面での強さ」や、

「前向きな上昇志向」を、

同時に手に入れることができました。

 

そんな発展途上真っ只中の、

まだまだノビシロたくさんの僕。

カラダを鍛えることで、

人生が楽しく活き活きとしたものになったのです。

 

■カラダを「鍛えた」きっかけって?

 

僕は今39歳です。

去年の今、

僕は都内でサラリーマンをやっていました。

 

総合商社に勤めており、

職種が営業ということもあったので、

接待も多く、また外食も日常茶飯事でした。


高カロリーのランチを毎食バクバク食べてましたね~。

 

ただ今年に入って、

そんなサラリーマン生活にも終止符を打つことに。

 

2020年の3月に会社員を退職し、

「起業」しました。

 

その起業したタイミングで、

15年間の蓄積された不摂生をリセットすべく、

一念発起しカラダを鍛えることに決めました。

 

■さて、どうやって鍛えようか?

 

その当時の健康診断書にある僕のスペック。

 

・体重89kg

・体脂肪率28.7%

・ウエスト100cm以上(メタボとだけ記載。数値不明)


健康診断では当然のごとく要検査や経過観察で、

診断結果書がビッチリと埋まっていました。

 

これから会社を作って、

身一つで切り盛りしていくには、

やっぱり健康で頑丈なボディが必要不可欠だよな・・・。

 

「よし、やるか。」

 

決めたら行動。

まずはネットでジムを調べました。

 

今までの人生でロクに筋トレやスポーツを

やってきたことがない僕。

 

たぶん大手の会員制のジムとかに行っても、

長続きしないし、

挫折が目に見えている。

 

僕は会社の運営に集中しなければいけないし、

自己管理なんてイチから教えてもらう必要あり。

 

よし、カラダを鍛えるのはプロに任せよう。

餅は餅屋だ。

 

スマホを片手に、

まずはグーグルを開いて、

 

「千葉・パーソナル・ジム」

「千葉・個別・トレーニング」

 

と検索しました。

 

するとでてくるでてくる。

 

ライザップはじめ、24/7、

その他多くのパーソナル・ジム。

 

確かに健康ブーム・筋トレブーム?ってこともあるのか、

たくさんのサービスが用意されています。

 

すんげーたくさんあるな・・・。

この中でどれをどう選べばよいのやら・・・。

 

たくさんの選択肢。

その中からどれを選ぶか?

ここが僕の運命の分かれ道でした(今思えば)。

 

■IDEY(アイディー)との出会い

 

僕は結構直感で物事を選ぶタイプです。


よくあるのが、

最初に「イイッ!」とピンと来たものが、

結局まわりにまわって最後に決め手となるパターン。

著者の裕紀 後藤さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。