AI時代に不要な人、必要な人

AI失業


という言葉がどんどん身近になってきている。

今ある仕事のほとんどはAIに

奪われるという話だ。


もちろん歴史を見れば、

AIで奪われる仕事が出てくれば

AIのおかげで出てくる仕事も増える。


車のおかげで馬車がなくなり、

馬車の運転手や馬の管理する人、

といった仕事は減ったかもしれないが、

逆に車の整備係や車の部品工場で働く人ができた。


そういう風に考えれば、

仕事がまるっきりゼロになっていくって

ことでもなさそうだ。


ただ一つ言えることは、

馬車の運転技術ばかりを磨いていても

仕事は無くなるという圧倒的現実がやってくる。


じゃぁ今の時代でいう、’

衰退する馬車の運転技術とはなんだろうか。


昨日久しぶりに日本人の人が書いた本を読んだ。

新入社員の時によく読んでいた田坂広志さんの新作「能力を磨く」だ。

そこにはこう書かれていた。

ーーーーーーーー

第一 基礎的能力(知的集中力と知的持続力)

第二 学歴的能力(論理的思考力と知識の修得力)

ーーーーーーーー

この二つはAIにとって変わられると。


まず基礎的能力。

例えば、集中力を高めよう、的な本や教育って

よく聞くけど、そんなもんは磨いても無駄だということだ。

なぜならAIなら24時間365日集中力を保てるからだ。


次に学歴的能力。

例えば記憶力、

日本の受験勉強は暗記ベース。

つまり記憶力のいい人間が偏差値が高い。

だがAIは忘れない。僕らはウィキペディアにさえ勝てない。

そして論理的思考力。

こんなもんは過去のどれだけのデータを

蓄積してるかによって精度が変わる。

例えば、何手も先を読まなければならない

論理的思考の最高峰のゲーム囲碁や将棋では、

すでにAIが人類最高の知能に勝っている。


集中、暗記、ロジカルシンキング、

僕らが社会人になるまで

集中的に学んできた能力のほとんどが

これから無駄になるということだ。


ではどういう能力が必要か。

ーーーーーーーーー

第三 職業的能力(直観的判断力と智恵の体得力)

第四 対人的能力(コミュニケーション力とホスピタリティ力)

第五 組織的能力(マネジメント力とリーダーシップ力)

ーーーーーーーーー

一言で言ってしまえば人間力だ。

ここはAIにはできないとのこと。

これがこれから磨くべきスキルだと本書には書かれていた。

気になる方はすごく読みやすいのでぜひ。


そしてこの本には

こうも書かれていた。

ーーーーーーー

これからの激動の時代、人間の持つ「優秀さ」の中でも、特に大切なものは、「これから到来する危機を、いち早く感じ取り、そのための備えをすることができる」という「優秀さ」である。

ーーーーーーー


危機を

危険と捉えるか、

機会と捉えるか、


備えよう、新しい危機に

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。