勝つのは中国かアメリカか、日本は?

さて、

アメリカがやばいことになって来た。

今週発表された雇用統計では、

先月よりも失業者は減ったというグッドニュースが出ていたが

株価は上がらず。どちらかいうと不安感の募る1週間となった。


それもそのはず、

発表された第2期のGDPは

昨対で33%近く減少していて、

直近の雇用統計がまやかしに過ぎないことを

誰もがドスッと感じ始めている。


そして今週からさらに激しくなった米中戦争。

WechatとTiktokが禁止となるかで大騒ぎとなった今週、

中国企業の株は大きく急降下した。

僕も今日、米系中国人とWechatのやりとりをしながら、

「Line」に切り替えた方がいいんじゃね、、と思ったところだ。


さて、この危機を世界規模で見ると

どうなっているかというと。


EUも同じくGDPは40%近く落ち込んでいる。

なにせ観光を含む移動が主体のビジネスだったので、

打撃は大きいだろう。


だがこの危機の中、

GDPを伸ばした国がある。中国だ。

リーマンショックのあと一人勝ちしたと言われる中国、

日本をあっという間に抜き去り、

今では日本の3倍近くのGDPとなっている。


じゃぁこの危機を中国が乗り切ればどうなるのか。


IMFの発表によると、

2024年のGDPランキングはこうなっている。


6位 ロシア

5位 インドネシア

4位 日本

3位 インド

2位 アメリカ

1位 中国



???


と?がいくつか湧いたのは

僕だけじゃないはず。


イギリスは?

ドイツは?

フランスは?


なぜインドネシア?

ロシアも?インド早くね?



中国1位じゃん!!!!!!!!!



これから数年で世界は劇的に変わる。

今のイメージの延長で生きてると

あっという間に置いていかれるだろう。


上ではなく、

先を見て生きていこう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。