何の役にも立たない話2

いつも通り、家から出て、

イーストリバー沿いを走ろうと向かうと、

川沿いにあるヘリコプター乗り場に、

ごっついオスプレイが3機、

そして周りを警察が囲み、

道が封鎖されていた。


誰か来たな


と思いつつその道を避けて、

違うルートをランニング。


家につき、

ツイッターを開くと

トランプ大統領が、

「今EastRiverを北上中」

と船に乗っている動画が上がっていた。


どうやらトランプ大統領が、

コロナに感染した兄を見舞いに、

急遽NY入りしたらしい。


なぜ船なのかと考えたが、

急遽だったためか、

車で護衛するよりも

隠密に船で見舞った方が早いと

判断したのだろう。

なってワイルドな。


数時間前にはワシントンで公開問答をしていたのに

なんという体力をしているのか。

しかも船上に立っていたが、

疲労や不慮の心配なないのか。

その豪胆さと体力にまた驚かされた。


74歳なのにやっぱりおかしい。

「環境が人を強くする」

これしか理由が見つからない。


74歳のトランプ大統領よりも

元気な74歳でいるために、

今からもっと徹底的に自分を厳しい環境に追い込み、

心技体を徹底していかなければならない。


心=ランニング(40分)

技=仕事と読書(1時間)

体=食事(炭水化物抜きx8時間)


これは毎日欠かさず徹底しよう。


75年前、アジア人の誇りをかけて世界と戦った

「道」を極めた先輩たちに恥じないように。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。