Storys.jpの清瀬さん(CEO)が、イケメンでイケボでStorys.jp書き手を大切にしてくれる話

清瀬さんが、CEOになったとき、私は腰が抜けました。


  清瀬さんは、私がStorys.jpを書き始めたとき、いち、編集者さんで、私の記事をこまめに読んでくれて、感想を教えてくれる人でした。

  とてもマメな編集者さんで、優しく、私より歳下なのに、近所のお兄ちゃんのようなフレンドリーさで、私も警戒心すら持ちませんでした。あまりにも誠実で、丁寧な印象でした。


  何度か記事を書いていると、Facebookとリンクしてログインするため、私はFacebookを1度退会したい事情があり、清瀬さんに相談してみると

 まるまる、私の記事をデーター移行してくれました。

 そのあたりからです。
 Storys.jpの書き手のためなら、まるでドラえもんのようなことをするのです。私だから、特別とかでなく、これをStorys.jpの全ての書き手にやるからビックリしてしまいます。

  そうこうしているうちに
 ある日、代表が辞任して、別の人がCEOになる、と記事を読んでみると

【清瀬】




 きよせ?????




 えええええええええ!!!!
 き、清瀬さん?!なんですけどぉおおおおおおおおお!!!!
(´^ω^`)ブフォwww




 でした。



 いや、そんなことありますか?

 ところが、CEOになっても、清瀬さんのフレンドリーさは、全く変わりませんでした。


  Noteなら記事売りできるし、Noteにも登録していますが、私の故郷、書き手の原点は、ここStorys.jpです。

  お世話になった清瀬さんの忠犬ハチ公になります。
  みんなも、Storys.jpで物語を書いて、Storys.jpの仲間に、なりませんか?

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。