世界の人口ランキング

アップルが世界最初の200兆企業になった今日、

関係ないが改めて世界の人口について数字を見ていきたい。

まぁ全く関係ないってことはなく、

国のGDPも経済もある程度、人口に比例している。


GDP世界トップのアメリカは

人口世界3位だし、

GDP世界2位の中国は、

人口世界1位だし、

2024年に日本を抜いてGDP3位に浮上予定のインドは

人口世界2位だ。


もはやGDP=人口数に近くなってきている。


ちなみに日本は現在人口世界11位。

ちょうどメキシコに去年抜かれ、

ベスト10から外れたところだ。


1 中国  1,433,784
2 インド  1,366,418
3 米国  329,065
4 インドネシア  270,626
5 パキスタン  216,565
6 ブラジル  211,050
7 ナイジェリア  200,964
8 バングラデシュ  163,046
9 ロシア  145,872
10 メキシコ  127,576
11 日本  126,860


これから日本は

人口が増えてきている国々に

GDPで抜かれる日も近い。

2024年には、GDP4位にインドネシア、

その下にロシアやブラジルが続くという予測が立っているのも

この人口と照らし合わせれば頷ける。


では、人口増加率はどうだろうか。

長期的な予測を立てるには

今後の変化率を見ないといけない。


それぞれの人口増加率はこうだ。


1 中国  0.5%
2 インド  1.2%
3 米国  0.7% 
4 インドネシア  1.2%
5 パキスタン  1.6%
6 ブラジル  0.8%
7 ナイジェリア  2.8%
8 バングラデシュ  1.2%
9 ロシア  0.2%
10 メキシコ  1.2%
11 日本  -0.2%


日本以外、見事に+だ。

間違いなく次の時代の経済の中心になっていく

メンバーだろう、もうヨーロッパの影はほとんどなく、

アジア諸国で半分を占めている。


じゃぁ日本はどうすればいいのか。


人口問題は深刻で、

出生率を考えても、

世界の歴史を考えても、

残念ながら日本が自ら人口を

復活することはほぼ不可能だ。


つまり日本に残された道は、

GDP以外の指標で生きる。

もしくはアメリカ型を目指し

移民で支える。


後者は反対する人も多いだろう。

だがヨーロッパが今必死に移民を受け入れようと

しているのはそういう事実に向き合っているからであり、

上記の中でアメリカだけが先進国の中で

比較的高い人口増加率を保っているのは移民政策のおかげだ。


何かを捨てなければ、何も手に入らない。


日本にはその覚悟とビジョンが必要だ。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。