最近漏らした話(後編)

前話: 最近漏らした話(前編)

(前半の続き:トイレ限界で立ったら先輩がついてきた←イマココ)



嘘だろ? 嘘だろう!? 来るなよ! なんで今なんだよ!

俺の栄光時代は今なんだよ!!!




ゆっくりとした足取りでトイレに向かうことを余儀なくされる。



きれいなトイレに入る。どうやら先輩は小のようだ。



もしこれで今僕が大の方に駆け込んだら、音もさることながら、

さっき「なんか臭くないっすか」って色々と画策したことがすべてバレる!

(気がする!)



泣く泣く、もう泣く泣くという言葉がこれほどしっくりくることはないだろう。

小の便器、先輩の右サイドに並ぶ。



ウーロンハイのおかげか、小は小で結構なボリューム。


男性ならわかると思うが、小をすることで、大を呼び起こすケースは少なくない。



小は大を呼ぶ。嵐を呼ぶ。そう、石原裕次郎のドラムのようなものなのである。





98%、それがそのときの正直なライン。

このパターン青、使徒です!




小を済ませ、手を洗い、流れる冷や汗とともにトイレを出る。

何とかしなくてはいけない。


もう、このタイミングで何とかしなければいけない。

使徒は目の前まで来ている。初号機とのシンクロ率も99%を超えた。




「あ携帯トイレにおきっぱにしちゃいました先もどっててください」


ギリギリ出てきた言葉である。

ほぼ棒読みである。




先輩「うぃー」

なんの疑いもなく席に戻っていく。



すみません、先輩、これほど憎かったことはありません!

そう心の中で叫びながらトイレに戻り、大に駆け込む。


カチャカチャ


室井さん、ベルトが、ベルトがなかなか開きません!!

レインボーブリッジ(往年の勝鬨橋?)、封鎖できません!!




ジーンズを下すと同時にあふれ出す光。

サルエル部分に容赦なくあふれ出す光。




細かい描写は避けよう・・・





間一髪、という言葉である。


間一髪、アウトである。




あのときもし、先輩がトイレ着いてこなければ。

あのときもし、そのまま大トイレに入っていたら。

あのときもし、ウーロンハイ3杯、って頼まなければ。

あのときもし、この飲みを断っていたら。

あのときもし、起業なんてしていなければ。




たら・ればを言い出したらキリがない。




そんな僕も、今も楽しく大人をやっています。

Greenrompという会社もやっています。



こんな僕でも、社長(副社長だけど)になれた、です。




全国の、漏らしたからいじめられてたりする少年たち、

君たちの未来には、明るい未来しかないと思って良い。



負けないで欲しい。たかだかウンコ。原始時代の人たちから、乃木坂46まで皆しているウンコ。

だから、1回くらい漏らすことはある。

気にしてはいけない! 1回のミスくらい何だ!!!




僕のように4回くらい漏らしたら、STORYS.JPに書こう。




話を元に戻そう。

その後、10分かけて席に戻り、

自分の景気づけ飲み会を


「そろそろ締めますか」


と言って強引に締めたことは言うまでもない。

相手が酔っ払いやすく、家庭もある人たちで良かった。

違和感なくお会計へ。



20時スタートの、21時30分締め。



早すぎたその会の終わりを、近づく師走の風が祝福していた。


僕は、そう思う(思いたい)





駄文&汚文にお付き合いいただきありがとうございました。



ますだかづき@Green romp


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のますだ かづきさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。