だめんずうぉーかー女子になるのは、機能不全家族で育った自己肯定感低い女性の話。私だ。

  いま、【離婚の危機】に面している。




  私は【1人しか好きになれない】だから、ちょっと気がある人が出来ると恋愛が破綻してきた。

 だが、今回は
【旦那が相談をいつも妻じゃなくお義母さんにする、マザコン】にあると思っている。

 

 プチ鬱気味になり
旦那は、お義母さんに
【家事をほとんど俺がしている(拡大解釈)】と言い放ち
お義母さんは、【事実確認しないで息子の言うこと丸呑み】にしたことで起きた。




 【別居したほうが、いい。実家に2人の子どもつれて帰りなさい。あなたは育児むいてないから】




 お義母さん、貴方の息子は、イライラすると、6歳の子供の脇腹を殴ります。そして
【殴ってない】といいます。

  酷いこと言い放って
【そんなこと言ってない、被害妄想だよ】と私の意見を聴きません。



 私が旦那をボコボコに殴った話を聞いたのでしょうが、その、理由まで聞きましたか?!
   私が旦那をボコボコになぐったのは、長男6歳の脇腹をボクシングのようになぐったからで、もう、子どもを守れるのは私しかいないと思いました。


  私は、暴力ふるう嫁でしょう。
 この間は、ガードレールに買って1年目の新車を突っ込ませて70万の修理費。お金もかかるし、長男は、脳波異常で叫んだりもする。




 自分の言うことを聞いてるうちは、可愛がり、手に余るなら、【手のひら返し】ですか?

 あなたの娘ちゃんは
 【お母さんだから、仕方ない。子どもみたいなの。笑って許してくださいね。母だから仕方ないんですが、母じゃなかったら友達には、なれないなって思っています】


と実の娘に言われるのは、どうなのでしょうか。


 こんなこと、書くべきじゃないね。
  卑怯だね。



 涙が、止まらない。
 実母にも愛されず
 義母にも愛されず・・・



 男は、見る目がない、ときてさ。私ってほんと、どうしようもないよね。


 誰か好きになるの、怖くなる。1人で居よう。私は。もう。誰にも迷惑かけないように。ポンコツなんだなぁ。おじいちゃん。おじいちゃんが死んだ時、私も死ねば良かった。


  私が、死ねば良かった。




 でも、子どもいるから、私が死んだらまずいな。うん。生きないと。うん。好きなこと、みつけたし。なんとかなる。



 いまは、ちょっとだけ。
ちょっとだけ、1人で泣くけど。元気になったら、大好きな友達や大好きな推しに会いにいこう。



 私は、ひとりじゃないよね。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。