無知の知。カロリーが何か説明できるか

年をとれば取るほど

知らないことがどんどん増えていく。

正確に言えば、いかに自分が何も知らないかを

どんどん気づいていく。


哲学の祖、ソクラテスが言ってた

「無知の知」

を本当によく痛感する。

まだまだ勉強が必要だ。


と今日は、

僕らが何万、何十万回と毎日繰り返しているのに

意外と知らないことについて調べて見たい。


「カロリーとは何か」


カロリー多っ!

カロリー取りすぎ!


と日常よく出てくる言葉だが

その意味と構造を正確に言える人は少ない。


「カロリー」とはエネルギーの単位で 1ℓの水の温度を1℃上げるために必要なエネルギーが1kcalだ。


これは多くの人が知ってるかもしれない、

じゃぁカロリーはどう計算されるのか?

カロリーは本当に太る元なのか?


炭水化物1g

タンパク質1g

脂肪1g


ではそれぞれ何Kalなのか


炭水化物1g 4kacl

タンパク質1g    4kacl

脂肪1g      9kal


 ざっくり表すとこんな感じ。

そりゃ脂肪が多い食べ物ばっか

取ってたら太るわ、ってなる。


でも本当に危ないのは脂質なのだろうか


コロナの死亡者が100万人を超えそうなペースで増えている。

そんな中で世界で毎年150万を殺しているコロナ以上の敵がいる。

それが糖質だ。


そしてその病名は糖尿病。


糖質とは何も甘いスイーツのことだけではない。

糖質とは、実は炭水化物なのだ。


炭水化物=糖質+食物繊維


つまり炭水化物と聞くと、

ご飯とかパンとか安心感があるが、

それが糖質だと言われると、


えっ、


ってなる人は多いんじゃないかな。

白米も取りすぎは糖尿病の原因なのだ。


敵はコーラやショートケーキだけじゃない。

油断禁物。


ということで、

毎日食べているのに知らないこと、

毎日食べているからこそ気づかないことって、

世の中たくさんある。


コロナよりも、

まだ自殺者の数や糖尿病の被害者の方が多いのも事実。

糖質が炭水化物だということも意外と知らない。

白米やグルテンだらけのパンが体に悪いなんて思いもしない。


世の中まだまだ知らないことだらけだ。

僕らは全然脳みそ使って生きてない。

生涯学習。

そう考えると人生は面白い。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。