足りないのは英語ではなく少しの勇気

世界と仕事をしよう。


昨日のブログで

これから日本人は日本だけでなく、

嫌でも世界のマーケットで戦って行かなければ

ならないというデータを出したが

じゃぁまず何から始めればいいのだろうか。


海外移住して就職か?

まずは日本の外資系に就職か?

まずは語学留学かワーホリか?


確かに10年前だったらそうだったかもしれない。

でも今はそんな時代じゃない。


どこにいても誰とでも仕事ができる。

そんな時代が手元まできている。

そうだ、手持ちのスマホがあれば

世界と今日からでも仕事ができる。


フリーランサー時代到来。


日本ではクラウドワークスやランサーズが有名だが、

世界に目を向ければFreelancer.comやUpworkなど、

今すぐにも世界と繋がれるプラットフォームがある。

実際、僕の会社でもインド人、アルゼンチン人、

コロンビア人、フィリピン人、スリランカ人、エジプト人など、

たくさんの人たちを雇用している。


世界では150兆規模のマーケットだと言われ、

実際アメリカではビリオンを超える上場企業がある。

日本の上場企業の10倍の規模だ。


実際、フリーランサーの数は、

まだまだアジアは少ないようで、

Asia: 11.3% 
Europe: 29.3%
North America: 50.7% 
Australia: 3.3% 
Africa: 1.4% 
South America: 4.0 

こういうデータも出ている。

アメリカではなんと5000万人が

フリーランサー化してるそうで、

人口の6人に1人という状況だ。


今後リモートワークが増えれば、

企業もオンラインに求人を出すようになる。

となるとこの世界が大きくなるのは

これからだと言っていい。


日本のマーケットも毎年30%近く伸びていて、

これからどんどんいい仕事やいいフリーランサーが、

溢れて来るだろう。


でも昨日の統計を見れば一目瞭然だが、

それもすぐに頭打ちになる。

国の全体のパイは増えてないからだ。


始めるならいきなり世界の方がいい。

「英語ができない」は、

もう言い訳でしかなくなった。

もうはや言い訳にすら使えない、

怠惰な人なんだなとしか思わない。


Googld翻訳を仲間に戦えばいい。


日本人は能力も高い。

コミュニケーション力も高い、

足りないのは少しの勇気だけだ。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。