若いうちにギアを上げておこう

スタートダッシュで決まる。


昨日、”自信”については、

教育で50%(初期)

努力で50%(後期)

という話をしたが、

これはあらゆることに当てはまる。


例えばランニングマシーンを想像してみて欲しい。

みんなも一度は経験したことがあると思うが、

最初、3.0というゆっくりしたペースで走っていたら、

5.0に上げ時にはめちゃくちゃ早いペースに感じる。

でも逆にスタートで苦しくても7.0のスピードで走っていれば、

同じ5.0にした時にはまるで歩いてるかのようなスローな錯覚に陥る。

最初このことに気づいた時は本当に不思議な感覚だった。


毎日ランニングしているといつもこのことを思い出す。

「最初飛ばしといたらあとが楽だから飛ばそ」っと。


何事も後から取り返すのは至難の技。

自転車は漕ぎ始めは力がいるが、

一度猛スピードにしたらあとは

あとは楽してスピードを保てる。


僕は新卒で入った会社がまさにこうだった。


毎日朝3時まで仕事をしていたし、

毎月10冊は本を読むようになった。

それまで大学時代は酒飲んで麻雀してただけで、

本なんて4年間で5冊も読んだかどうかだった。


それから10年ちょっと経ったが、

未だに長く働くことに対するネガティブなイメージはない。

むしろ最近働きが甘いなと感じることが多い。

本も毎月平均して5冊は少なくとも読んでいるだろう。


これは全部、最初の漕ぎ始めで得た初速だ。

もし今35歳になってからこの習慣をつけようと思ったら

かなりの努力が必要だ。何倍のも力と時間が必要なはずだ。


若いうちに苦労しろ。


というのは本質を付いてる。

後からスピードを上げるのは大変だ。

若い時には無理してでもスピードを上げておこう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。