狙うは、NYより全米

ニューヨークでは今日、

9月30日よりレストランの店内飲食を

許可するという発表があった。

店内飲食が禁止になってからちょうど半年。


もはや店内飲食がどんな感じだったか忘れた。。


店内飲食可といっても25%までとルールが決まっており、

ソーシャルディスタンスを保つことを考えると、

うちの店ではせいぜい10席程度が良い方だろう。


さらに、顧客の連絡先を控えたり、

顧客の体温を測ったり、

空調を指定された温度に保ったり、

と色々と条件がついて来る。


なかなか大変だ。


またニューヨーク州のレストランは

政府の追加サポートがない場合、

約3分の2が来年の1月までに倒産する、

というびっくりするような記事も出ている。


まぁ家賃高いのに売上なかったそりゃきつい。

日本の10倍くらいの家賃は平気でする上に、

日本と違って毎年5%ほど家賃は上がっていく。

さらに10年契約が主流で契約破棄が難しい。


日本も苦しいだろうが、

NYのレストランこの店内飲食制限と、

高すぎる家賃のダブルパンチで瀕死状態だ。


ただ一歩引いて冷静に見てみると、

レストランは瀕死だが、

人々は飢え死にしてる感じはしない。


単純にレストランで食べなくなっただけだ。

そもそもレストランはそんなに必要なのか?

わざわざ外に出て食べる必要はあるのか?

意外と家でも問題ないじゃん。

とみんな思っちゃってるんじゃないか


そう考えると、

レストランが今まで通りに

復活する世界は考えにくい。


僕らはニューヨークで売ることより、

もっと広い世界で売ることを考えよう。

ニューヨークより全米、全米より世界。

そして何よりレストランより狙うは家庭だ。

来てもらうのではなく、家庭に届ける。


よし頑張ろ。


著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。