オードリー・ヘップバーンの言葉。AUDEY。山口路子。

 私は自分を美人だと思ったことがありませんー。





 その冒頭の表紙に引き寄せられた。言葉とは。

 不思議なもので
  私はいつも欲しい言葉、欲しい感情、欲しい気持ちがあると、本屋かコンビニの本の所へ、行く。

  『本が私の恋人』です。
 昔から、私が1番好きで、一途に恋焦がれてきた、私のパートナーであり、時に友人、家族。恋人代わりになってくれるのが本。

  抱きしめてくれたりは、しない。
 だけど、本を読むと
『文章が頭の中にインストールされて、上書きされて、アップデートされて、私はそのたびに新しい価値観に触れる』


  『作者の価値観と人生観』に触れてるのだ。文章で。



 だから、私は変な文章を読まないようにしているし、みないようにしている。

  誹謗中傷や批判、残酷な文章などは、避ける。某掲示板とか、エゴサとかは、みないようにしている。心が荒むし、荒んだ心で文章を書くと、まるで『伝染病』のように、『文字から感染していく』

  悪意に満ちた、文章に触れてばかりのひとは、染まっていくのだ。

  それこそ、心が。

 弱い心に、悪魔が囁く。
  甘い言葉を。


 このオードリー・ヘップバーンの言葉を読み切ると

  どんなに美しいひとでも、
不安があり、悩みがあり、コンプレックスもあるのだ、と知る。

  そして女性は
 歳上なら、歳下と付き合った時に、今は良くても、数年後まで考えたときに
  自分が捨てられないか?とも考える。
んだな、と。

  オードリーのような美しい女性でも、歳下の彼氏ができた時、不安に思い、束縛しないようにしている。


  若い時こそ、自由にしたい。

  それは、私もそうだった。

  歳の離れた彼氏が、いつも私に振られることばかり、話していて、私がこんなに好きなのに、全く伝わってないのかって不安になったけど

  相手側にしたら、若いからこそ、気持ちが変わるかも、と不安に思っていたんだろうなと。



  年齢は、関係ないっていうけど

  そうはいっても、世間は甘くない。

それでも、『好きを貫く』ときは
 覚悟して貫くのだろう。

そして
オードリーは、みつけたのです、
自分と同じやり方で愛してくれる人を。
の1文で、数回も出逢って別れて、最後にみつかった最愛の歳下の彼氏さん。

 『同じやり方、同じ価値観』ってとても大切なんだなって。

 これから結婚するあなたは、
『同じ価値観』のパートナーをみつけるといい。それこそが、1番永く続く方法なのだ、と。この本を読むとわかるから。

  

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。