ヤクザは、問答無用で入口から入れない。歯医者に患者としていれたら、恐喝されて院長がうつ病になった話。

新人で私は都内の歯医者で働いていたのですが


  一番最初の歯医者で、私は
『ヤクザの恐喝に遭う』という恐ろしい体験をしました。

  まず、ヤクザさんは下っ端だろうと上のひとであろうと、対応しきれないのであれば、入口で門前払いするべきです。

  院長は、穏やかで話が所ジョージのように面白い、ユーモア溢れるニコニコした院長先生でした。

 優しすぎるがゆえに、院長は、下っ端でしたがヤクザさんも急患ならば受け入れていたのです。

  それが、あんな事件になるとは・・・


  そのヤクザさんは、『親知らずが腫れて激痛にて来訪されました』
  なので、まず、レントゲン写真を勧め、痛み止めや抗生剤を進めたのです。腫れを引かせてからじゃないと抜歯もできませんし、痛みの原因を特定できません。

 なのに、その方は
『レントゲン写真とるのは、嫌だ!薬を飲むのも嫌だ』と言いました。

  無理じゃないですか?
 痛みの原因もこれではわからないし、薬を飲まないと腫れが引くこともないです。


 そしたら翌日、
高級そうな黒の乗用車を歯医者の玄関前に駐車して
  ばぁん!と扉を開けたかと思うと
『ふ、ざ、けんなよ!!腫れたじゃねーか!痛いし!!どうにかしろ!』と
 怒鳴り込んできたのです。


 待合室にいた患者さんは、唖然。
 私ももう1人の正社員の歯科衛生士よ先輩は、これはまずいと、診療室内にいる患者さんを、歯石取りをして、研磨して帰して

 入口では、下っ端ヤクザさんを宥めることになりました。

 院長は、顔面蒼白で、直立で硬直したまま、『はい、はい!申し訳ないです』を繰り返すばかり。


 大学病院への付き添いを約束させられ、その場から去った下っ端ヤクザ。

 去ったあと、院長と奥さんは話し合って、すぐさま、ミィーティングできることをし、留守番電話には、録音機能を設置し、用意周到に対策したのをいまでも覚えています。


 ところが
その翌日、私が遅番の11時出勤をすると、勤務先の歯医者の入口から救急車が走り去るあとでした。


 院長は、下っ端ヤクザさんの恐喝で精神的に追い詰められたのか、心臓に負担がかかってしまい、倒れて、そのま救急車搬送されてしまいました。


そして最悪なことに
真面目一筋できた院長は
そこでうつ病を発症してしまいます。

『うつ病は真面目なひとほどなりやすい』

  私は新人歯科衛生士にして、ヤクザの恐喝を経験し、院長が発作で緊急搬送されたところを目撃し、そのときはなにも感じなかったけど、のちに
『恐喝』にとてつもない恐怖を感じるようになりました。トラウマといってもいいかもしれない。


 『怒鳴られるとビクッ』となるようになりました。人の顔色を、伺うようにもなりました。

 その歯医者は、閉院まで追い詰められ、人に手放し、いまでは別の歯科医院になっています。

  ここでひとつ『教訓』があるとすれば
『自分が対応できなさそうな人は最初から、合わないと分かった時点でもいい、か関わるべからず』です。

  関わってしまうと、途中で引き返せなくなったりします。軌道修正できるような状況ならいいですか、軌道修正すら無理なときもあります。

  院長先生は、『自分の性格をわかっていたけど、自分に無理なヤクザ系の患者さんまで入れてしまっていた』ことで
 『うつ病』にまでなりました。

  『うつ病』は、自分に出来ない、不向きなことに向き合いつづけた『結果』なのかもしれない。

  不向きなことは、克服するより、やらないですむ方法を偉んだろうがいい。

 うつ病は、脳の病気です!

 自分を追い詰めないよう
『自分自身を知る。得意不得意を知る』ことが、自分最強になるヒントかもしれません。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。