観光業で一番打撃を受けた国はどこ?

観光業で一番打撃を受けてる国は?


コロナになって、

留学事業が一切ストップしてるわけだが、

昨日来年に向けた展望についてのミーティングで、

なかなかいいアイデアが出たのでコロナ後が楽しみだ。


ミーティングの中で、

人の移動についての話題になったので、

コロナになるまでのデータを改めて確認してみた。


まず海外からのインバウンドについて。

もっとも海外から人を集めてる国ベスト10+は以下の通り。


1 フランス 89,322千人

 2 スペイン 82,773

 3 米国 79,746

 4 中国 62,900

 5 イタリア 61,567

 6 トルコ 45,768

 7 メキシコ 41,313

 8 ドイツ 38,881

 9 タイ 38,178

 10 イギリス 36,316

 11 日本 31,192


この数字を見てわかることは

1位と2位のフランスとスペインは

人口以上の外国人を集めて来てること。

日本が急上昇していること。

僕がニューヨークに来た10年前は、

3分の1くらいの数だった。


では都市別だとどうなるか。


1. バンコク(タイ)/2278万
2. パリ(フランス)/1910万
3. ロンドン(英国)/1909万
4. ドバイ(アラブ首長国連邦)/1593万
5. シンガポール/1467万
6. クアラルンプール(マレーシア)/1379万
7. ニューヨーク(米国)/1360万
8. イスタンブール(トルコ)/1340万
9. 東京(日本)/1293万
10. アンタルヤ(トルコ)/1241万
11. ソウル(韓国)/1125万
12. 大阪(日本)/1014万


なんとタイのバンコクが1位。

国全体のインバウンドの70%以上を

バンコク1都市で占めている。

ヨーロッパはEU内での移動が多いため、

有利な面もあるだろう。


日本人からすると欧米が憧れの地で

観光に強いイメージがあるけど、

実際アジアがランキングの半分を占めていることを

考えると今後はインバウンドで見ても

一層アジアの時代になりそうだ。


人口の多い中国人の移動の影響も大きいだろうし、

インド人の所得が上がればこの傾向は強くなると思われる。


とざっと見てみると、

タイ、フランス、スペインあたりが、

一番の打撃を受けてるように見えるが、

この数字だけでは経済の影響度は見えてこない。


ということで、

観光客がどれくらいその国に

お金を落としていってるかを確認してみた。


すると、

1 United States 21兆
2 Spain 7兆
3 France 6兆
4 Thailand 6兆
5 United Kingdom 5兆
6 Italy 5兆
7 Australia 4.5兆
8 Germany 4.3
9 Japan 4.1兆
10 China 4兆


とアメリカがダントツだ。

やはりEUはEU同士で気軽に移動できるが、

アメリカに行くためには大陸を跨がないといけない。

本気で観光に来てる人の割合が多いのだろう。

そしてタイと比べたら物価が圧倒的に高い、

そういった理由も考えられる。


ただそれでもGDPに対する影響で考えたら1%程度で

タイの10%と比べたらまだまだ影響は少ない。


今日はざっと2019年までを復習してみたが、

さて2020年のランキングはどうなるのか、

2021年から人の移動はどう変わるのか、


日本はオリンピック開催で人が呼べるのか?

日本人は海外に出るのか?


2021年の動向が楽しみだ。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。