恐るべき言語パワー

毎日朝8時からインド人とミーティングをしてるのだが、

まぁアクセントが強い強い。

僕も人の事を言えないが、

朝から聞き取るのがなかなかつらい。


公用語のなのに、

こうもアクセントが強くなるのか、

とふと思ったが、同時に、

そもそも公用語だったっけ?

と思ったので改めて調べてみた。


すると、インド人の中で、

英語を話せる割合はなんと15%前後。

ほとんどの人は話せないのだった。

イギリスの植民地の名残りが

薄れヒンドゥー語が復活してきてるのかもしれん。

という事で世界で話されてる言語について

今日は調べてみた。


まず世界で話されてる

言語ランキングベスト10は

こんな感じだ。

1 英語 15億人
2 中国語 11億人
3 ヒンドゥー語 6億5000万人
4 スペイン語 4億2000万人
5 フランス語 3億7000万人
6 アラビア語 3億人
7 ロシア語 2億7500万人
8 ポルトガル語 2億3500万人
9 ベンガル語 2億3300万人
10 ドイツ語 1億8500万人


ヒンドゥー語すごい、

スペイン語より多かったとは。

あとは気づくのは

植民地を世界中に作ってた国の言語パワーがすごい。

帝国主義の名残は今でもはっきりと残っている。


ただこの数字には僕のような英語学習者も入っているため、

母国語とせめて第2言語に絞ったランキングを見てみよう。


すると順位が変わった。


1 中国語 10億5100万人
(母語話者:8億9900万人 第二言語話者:1億7800人)

2 英語 8億4000万人
(母語話者:3億3000万人 第二言語話者:5億1000万人)

3 スペイン語 5億7000万人
(母語話者:5億人 第二言語話者:7000万人)

4 ヒンドゥー語 4億9000万人
(母語話者:3億7000万人 第二言語話者:1億2000万人)

5 アラビア語 4億2200万人
(母語話者:2億9000万人 第二言語話者:1億3200万人)

6 マレー語 2億8100万人
(母語話者:7700万人 第二言語話者:2億400万人)

7 ロシア語 2億7500万人
(母語話者:1億6000万人 第二言語話者:1億1500万人)

8 フランス語 2億7200万人
(母語話者:8000万人 第二言語話者:1億9200万人)

9 ポルトガル語 2億6200万人
(母語話者:2億3000万人 第二言語話者:3200万人)

10 ベンガル語 2億4500万人
(母語話者:2億2600万人 第二言語話者:1900万人)


さっきからベンガル語って何?

と思ってはいたが、どうやら、

バングラデシュとインドに多く話者がいるらしい。


マレー語も人口の多い

インドネシア含む、

マレーシア、シンガポールに

多いため2億8千万にもいるそうだ。


仕事をする上での、

国境の壁が無くなった今、

言語パワーの影響力はさらに大きくなっている。


同じ能力を持った二人の人でも、

英語を使って仕事をしていれば15億人にリーチができ、

日本語を使って仕事をしていれば1億2千万にしかリーチできない。


Mixiも英語圏で生まれていたら、

Facebookみたいに世界に広がったかもしれない。

どの言語を使って仕事をしてるかで、

サイズ感はある程度決まってしまうんだなと

このランキングをみて思った。


人口数も大事だが、

言語パワーを侮ってはいけない。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。