寿司と平和・裏話

<自殺屋> 


 


12:10 


 


 不意に、背中に針で刺されたような鋭い痛みを感じた。痛みを感じたところに手を回す。だが、手の平が触れたのは、いつもと何ら変わらない背中の輪郭だった。血も滲んでいない。 


 ふと、後ろを振り返る。だが、背後には誰もいなかった。 


 奇妙に感じて、辺りを見回してみる。 


 気のせいかな。 


 首をかしげて、再びコンビニへと歩き出す。 


 


 


13:08 


 


 彼は、コンビニで昼食を仕入れた後、自宅のアパートに戻り、先刻買ったインスタントラーメンとサラダ、それからソーダを飲食し、再びコンビニへ向かった。 


 毎晩彼が夜食として飲んでいるコーンクリームスープが、自室に在庫を切らしていることに気づいたからだ。 


  


 彼がアパートの階段を降り、先ほど買い出しに行ったコンビニに向かう途中のことであった。 


 突然、道ばたで、彼は白目を剥いて倒れてしまった。 


 何の前触れもなかった。 


 


 道行く通行人が、大声で何らかの言葉を叫んだ。 


 


 


13:13 


 


 「大丈夫ですかー!大丈夫ですかー!」「どなたか、手を貸してください!119番を!」 


 耳元で発される聞き慣れない声が、どんどん遠くなっていく。 


 


 体を揺さぶられている。そのことが、辛うじて理解できたが、反応したくても、口や体が全く言うことを聞かない。自分の体をこんなに重く感じたのは、生涯でこれが初めてだ。 


  


 自分の意識を、張った一本の白い糸のように感じた。その糸が、みるみるうちに細くなっていく。そしてあるとき、プツンと途切れた。 


 


 


13:20 


 


 「辛い。辛いよ。もう死にたいよ。」 


  


 「私の言葉を、いつか二人でみた、笑っているような泣いているような、怒っているような風景のように、ときどき思い出してくれると嬉しいな。」 


 


 「わかってるよ。死ぬのは自分勝手だって。家族が悲しむんだ。だから、僕は無責任でどうしようもない人間なんだよ。だけど、どうしても、死ぬ誘惑に負けちゃうんだ。もう、正直、負担なんだ。ごめん。もう、人のために生きるのに疲れて。僕は、自分のために死にたい。」 


 


 「ねえねえ、君は、どんなときに幸せだなあって思える?君が幸せを感じられるものは何かな?」 


 


 「あなたの胸に、絶えることのない美しい音色を。」 


 


 頭の中で、複数の言葉が瞬時に過ぎっては消えていく。 


 声の持ち主は、過去の僕であったり、かつて僕が出会った誰か―あれは、確か、僕が18の頃、付き合っていた女の子かな。それと、通っていた病院の先生も。―の声であったりした。 


  


 どこからか、優しい音色が響いてくる。これは、ギターの音だな。何だろう。どこかで聞いたような。 


―ああ、これは、いつか観にいったギター学校の演奏会で、誰かが演奏していた曲だ。あの人、特別に上手かったな。ついでに、演奏前の言葉も素敵だった。優しい音が、ホールいっぱいに響き渡ってた。 


 ああ、今になって思い出した。そうだ、僕の幸せは、誰かに笑顔を配ることだったんだ。だから、死ぬ前に笑える人が一人でも増えればと、自殺屋を始めた。生きてるのが辛かったけど、少しでも生きがいのある未来をと思って。 


 でも僕は、本当にいま、幸せだろうか。安楽死の薬を売って、僕は幸せを感じられているのか。なんだか、胸にしこりのようなものがある。その正体は定かではないけど。 


 


 脳内で、大量の画像と音声が滝のように流れていく中、彼は18の頃、誰よりも愛していた彼女のことを考えた。 


  


 彼女の笑顔が目の前に現れる。 


 どこかの家の中で、彼女が僕にキスをした光景。 


 


 「私は、君に、幸せになって欲しいよ。」―恋の別れを告げるとき、彼女が僕に囁いた言葉だ。幸せになってほしい… 


 


 そっか。 


 …約束、守れなかったね。…ごめん。 


  


 ほんとに僕って人間は、最後までどうしようもない奴だった。今までの自分に、もう何十、何百、何千回感じたかわからない怒りを覚えた。 


 


―でも、僕は、死ぬ前に君の笑顔をみれて、幸せな気持ちだったよ。 


 僕は最後に、君のおかげで、笑っていられた。 


 


 


13:27 


 


 救急車のサイレンが響いている。 


 彼は白目を剥いたまま、意識が戻ることはなかった。 


 


 救急隊員が彼のもとに駆け付け、彼をタンカーに乗せて移動する際に、彼の顔の頬には一滴の涙が伝っていた。頬から滴り落ちた涙には、笑っているような泣いているような、怒っているような、そんな街の風景が映った。 

著者のらす かさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。