間もなく正社員とフリーランスが逆転する

フリーランサー時代到来。


仕事に国境が無くなった今、

このブログでもよく

インド人の脅威について

話してきた、


今日はその世界フリーランス時代に向けて

今世界がどうなってるかを数字をベースに分析してみたい。

まず世界の中でもどの国が、

この次の時代の先端を走っているのか。


フリーランサー市場の

成長率ランキングがこれだ。


◼︎国別フリーランサー売上成長率ベスト10

1. United States - 78%UP

2. United Kingdom - 59%

3. Brazil - 48%

4. Pakistan - 47%

5. Ukraine - 36%

6. Philippines - 35%

7. India - 29%

8. Bangladesh - 27%

9. Russia - 20%

10. Serbia - 19%


アメリカはなんとダントツの78%。

現在国民の5500万人がフリーランサーとして

収益を上げているそうだ。

約6人に1人!


その他の国を見ると、

僕が日々仕事を一緒にしている、

パキスタン、ウクライナ、インド、フィリピンたちの

国名が上がっている、彼らは一足先に世界のマーケットに飛び出している。


残念ながら日本や韓国、その他アジアの人たちはまだ、

この”世界と働く”という傾向が弱いみたいだ。

その理由はやはり言語の壁が大きいだろう。

上記のランキングを見ても、

半分以上の国が英語が話せる人口が多い国だからだ。


では、フリーランサーとして

世界の市場に出るにはどうすればいいのか?

今世界でもっとも影響力のある、会社を3つ紹介したい。


ー世界ユーザーランキングー

◼︎フリーランサー登録者数(働く側)

Upwork 1200万人 

Freelancer.com  2100万人

Fiverr 83万人

ちなみに日本で言うと、

クラウドワークス 250万人

ランサーズ 100万人


◼︎クライアント登録者数(雇う側)

Upwork  500万人

Freelancer.com  2600万

Fiverr 240万

ちなみに日本で言うと、

クラウドワークス 25万

ランサーズ 23万


と日本と世界では

働く人の数も

仕事を依頼する会社の数も

桁が一つ違うようだ。



会社の時価総額で見ても

トップのFiverrはなんと4000億。

続くUpworkも2000億。

それに対してクラウドワークス、

ランサーズ共に200億と桁が一桁違う。


そしてこの市場は150兆円と言われ、

ぐんぐん成長している、

いずれ正社員とフリーランサーの数が逆転すると言われていて、

あるデータによればそれは数年以内だそうだ。


どうせ勝負するなら大きいこう。

どうせ勝負するな世界へ出よう。

どうせなら今日から始めよう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。