大物ユーチューバーとの1日

Youtuber。


昨日はこれから新しくオープンする

高級ラーメン屋のパートナーとのミーティング。

金持ちのアメリカ人と大物ユーチューバーのアメリカ人が

絡んでいるプロジェクトだ。


そのユーチューバーはアメリカ人なら

ほとんどの人が知っていてサブスクライバーは700万人。

昨日は彼がオープンする初のラーメン店ということで、

撮影と試食を兼ねて来ていた。


彼は食べ物のレポートに特化したユーチューバーで、

これからはバーチャルだけではなく、

リアルのビジネスをしたいということで、

今回のプロジェクトに参加している。


ユーチューバーというのは

一般的に思われているほど楽に稼げる仕事ではなく、

どちらかというと肉体労働に違い。

自分が働き続けなれば終わる。


そんな危機感や限界を一流のユーチューバーは

常に抱えているんだろう。


そんな中、昨日もあれやこれやと

色々と問題もあったのだが、

最後に行き着くのは結局、

”契約書”に書いてあるかどうか。


”それは初耳だな、契約書に書いてない”


と僕も自然に言葉が出て来るのを見ると

少しずつアメリカに馴染んで来ているのを実感する。

そして議論になってもなんのわだかまりもなく、

仲良くミーティングを終える。


これも議論慣れしたアメリカならではの

いいサバサバ感だなと思う。

日本だと議論が割れると

そのまま個人的なぎこちなさが残る。

だから議論を避ける。


アメリカでは

議論して初めて

信用が築かれると言っても

過言じゃないかもしれない。


そのためにも、

みんなが言いたいことを言える環境を作ること、

これがリーダーにとっては必要不可欠な能力だ。

みんなが怖がって意見が言えない、

それは意見を言えない人の責任ではなく、

リーダーの責任だ。


さてニューヨークは秋突入。

いい季節だ。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。