1店舗で40億を稼ぐNYの飲食店

今週10月末で終了予定だった、

NYのアウトドア飲食の許可が、

年末まで延期された。


今ニューヨークの街は、

ストリートダイニングで賑わっている。

僕の家の前の道も封鎖されており、

少し歩かなければウーバーが拾えなくなった。


それくらい本気で取り組んでいるストリートダイニング。

それもそのはずでニューヨークの飲食業は、

数兆円のビッグ産業であり、

コロナの影響ですでにニューヨークの税収は

数千億の損が出ている。

2019年には1店舗で

年間売上が30億を超えるお店もあったほどだ。

そのお店は今どう生き延びているのだろうか。


TOP 100 INDEPENDENTS: THE RANKING

https://www.restaurantbusinessonline.com/top-100-independents


さらに、飲食店が復活すれば数多くの雇用が生まれる、

ニューヨークのレストランが立ち行かないと、

多くの失業者が溢れかえってしまうだろう。


延長はある程度、予想通りだが、

このプログラムは少なくとも来年、

もしかすると永遠に続く可能性もあると思っている。

それほどニューヨークの家賃は高く(毎年5%上がる)

コロナ前でもたくさんのレストランが

倒産して空き物件だらけだったのが実際のところだ。


このストリートダイニングで席数が増え、

売上が上がることはコロナの有無に関わらず、

必要不可欠だといまニューヨーカーなら

政治家、飲食店オーナー問わず誰もが感じているだろう。


さて、

冬になるとマイナス15度にもなるニューヨーク。

外で食べれるようにするために、

テントやヒーター色々な準備が必要だ。


寒い中、食べるラーメンは

うまいだろうな


著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。