月40万でも貧乏な街

「政府の支援が足りない」


よく日本の知り合いからこの声を聞く。

それに比べてアメリカはすごいみたいだね、と。


確かにアメリカでは、

最近まで月40万以上の失業保険が出て、

企業も2000万くらいなら苦労をせずに借りることができた。

とはいえ、NYでは月々の出費が40万くらいかかるし、

金利も4%弱と日本より全然高い。

なんせ平均年収は800万近くあった街だからだ。


と物事は相対的に見ないと、

事実が正しく理解できない。

月収40万円で大金持ちになれる国もあれば、

貧乏生活になる国もある。


じゃぁ日本は本当に政府は財政出動してないのか、

を相対的に見ていくと、驚くべき結果が出た。



これは世界の国がどれだけ

財政政策を実施したかを、

GDPに対する割合で示したランキングだ。

https://www.statista.com/statistics/1107572/covid-19-value-g20-stimulus-packages-share-gdp/


なんとコロナに対して、

日本政府が財政政策に費やした額は、

GDPの21%!とダントツで世界一だ。


100兆円を超えてる。


アメリカはGDPがでかいので、

結果200兆を超えてるいるが、

GDPの13%に過ぎない。


ということで、

数字だけを見れば日本政府は

相当支援に乗り出しているようだ。


人によって、

支援が十分届いた人もいれば

そうでない人もいると思う。

物事を人に語るときは、

主観ではなく客観的なデータに基づいて語ることが大切だ。

じゃないと聞いた人もあなたの主観(時にはデマ)を

友達に広げてしまうことになりかねない。

コロナ下ではそう言う怪しい噂が目の前でたくさん出てきたので、

僕は常に「それはどこから知った情報ですか?」と聞くようにしている。


さて、

2008年の世界金融危機の時には、

1年で4000億を稼ぎ出したトレーダーが、

このWall街にはいた。

一方で、同じWall街で、

ベアーアンドスターンズやメリルリンチ、

リーマンなどの企業が消えていった。


今、同じような闘争がこの水面下で

行われてると思うと来年はもっとすごい1年になりそうだ。

幸いコロナの面でも金融の面でも

震源地ど真ん中にいるのでしっかり学びたいと思う。


デマに惑わされず、

自分で考え、自分で確認を取り、

正しいデータに基づいた情報を、

このブログでも発信していきたい。


Wall街の雰囲気に飲み込まれないようにしながら。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。