その後

死んでもいいと思うことが、大切なんだと思う。
人はいつか必ず死ぬのだから、死ぬために生きているのだから、それを当然のように念頭に置いて生きるべきだと思う。
夢とか、希望とか、そんなのは苦しいだけだから。
本当は、子孫を残すことが最大の仕事なんだろうけど、僕はできないから、生まれ損だな。
まあそれでも、覚悟だけはできていないといけない。
自分がクズで、ゴミで、生きる価値もないという自覚こそが、自分に必要なものだから。
死だけは、誰にも助けられないからね。
「悔しい」という感情は、仕方のないことなんだと思う。
無様に死ぬ人を見て、ああはなりたくないなと思っていた順番が、ただ、来るだけの話。

著者のと まさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。