ママ友から親友へ。マンション交流パーティーで知り合ったママ友の話。

  ママ友に悪評ながされたり、足を引っ張られることもある。


  いろんな信用できないママ友もみてきた。褒め殺し的なママ友は、一貫して信用出来なかった。

  いいことも悪いことも言ってくれて、注意もしてくれて、ときに叱ってくれて注意してくれて、悪評が流れた時も、しんどいときも、離れずに傍にいてくれたママ友がいる。


 いまのマンションに引越ししてきて、うちの棟の交流パーティーがあるときに知り合ったママ友だ。



  子どもは同じ兄弟ママで
 だけど子どもの年齢が合わないから、同時期に同じ幼稚園や小学校にいれられない。

  学校行事に一緒にいけない。

  だけど
  私がしんどいとき、つらいとき
いつも駆けつけてくれて、LINEしてくれて、ずっとずっと私を支えてきてくれた。

  私の悪いとこも知ってる。
 どうしようもない弱いところも知ってる。
  私が嘘かほんとかわからないような噂が流れた時も
  噂じゃなくて、私自身を信じてくれた彼女は、

  私の中で
 失えない、かけがえのないものになった。

  このママ友がいなくなるのは、辛い。ずっと私の傍に、いて欲しい。

  顔が綺麗とか、可愛いとかそんなことじゃない。
  『どんなときも一緒にいれること』
私の状況が悪かろうが
 私といるとマイナスになるかもしれないときでも

  私といると
  噂で周りから人がほとんど去った時でも

 彼女は、傍にいてくれた。

 他にも高校時代からの親友も
  私が最悪なときでも
 離れずに、傍にいてくれたひとが、本当の友達だと思う。


 感謝、している。
  これからもずっと、私の傍にいて欲しい。
  私も彼女が危機のときは
 全力で守ると決めている。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。