バカにならない”気づかい”コスト

リモートワークにみんなだんだん慣れてきた。


「会わないとやっぱり効率悪い」

という人と、

「今の方が仕事に集中できる」

という意見に大きく分かれている気がする。


そして僕が分析するに、

その回答は立場によって大きく分かれている。

雇われている人や若い人はリモートワークがいいと答え、

雇用主や上司、年齢が上の人はリモートワークに悲観的な人が多い。


この理由は実はシンプルで、

”気遣いコスト”

がどれだけかかるかの違いだ。


今リモートワークでいろんなコストが削減されている。

移動コストから食事コスト、

オフィスに出勤してた頃は

当然のように払ってた費用がリモートでは必要ない。

だが消えたコストはそれだけではない、

そこには”気遣いコスト”という今まで

注目されてなかったが実はめちゃくちゃ

若い人たちに負担となるコストが隠されていた。


ある統計によれば、

75%の方が今の仕事のスタイルの方が

邪魔が少なくて良いと答え、

80%の人が仕事のストレスが減ったと回答している。


「いつ話かけられるかわからないから、目の前の仕事に集中できない」


こういう意見を若い子から聞くことがある。

要はオフィスや仕事のミーティングで、

そこに先輩がいたらそれだけで気を使って、

目の前の仕事に集中できないということだ。


例えば、

何かの仕事に取り掛かっているときに、

いきなり上司に話しかけられるかもしれない、

すると一度集中して取り組んでいた仕事から離れる必要がある。


「今集中してるから後にしてください」


とはならなかなか言えないだろう。

これが気を使うことによって

仕事の生産性が落ちるマイナス面、

”気づかいコスト”だ。


でも立場が変わるとこのコストはかからない。

仕事に集中してるときに若い人から話しかけられたら

「もっとタイミングを考えて!」

「後にして!」

と気を使わずに答えることができる。

これは身近な例に当てはめて見たら

容易に想像ができるだろう。


このように、

「気づかいコスト」は消費税と違って

平等に分配されていない。


若い人、立場が弱い人に多くかかるのだ。

それがリモートで開放された。

僕はもともと根暗なので、

リモートになっても何の変化もないが、

若い人たちを見ると伸び伸び仕事に集中しているように見える。


いい世界じゃないか!

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。