住む場所は家賃ではなく、気候で選べ

「今年は猛暑、最高気温突破!」

「ナイアガラの滝が凍った」

「カリフォルニアで数百年に一度の規模のカリフォルニアの山火事」


など、

異常気象が連日のように世界で報道されている。


今年の6月には仕事をしていたパキスタン人から、

「今すごいモンスーンだから数日納期が遅れます」

と言われ、

「今日はベトナム人から洪水で今仕事ができません」

と言われた。


僕らが知らないだけで

今世界では同時多発的に、

異常気象が起きている。

ここまで”異常”が頻発したら、

これはもうはや”正常気象”と認識した方がいいだろう。


産業革命から今日までの間に気温は1度上昇した。

このまま行けば2100年までに気温が4~5度上がり、

多くの都市が水没し、水不足になり、飢餓が生まれ、

病原菌が溢れかえると言われている。

パリ協定では2%を目指しているが、

今はそのペースを大きく超えている。


このままいけば、

異常気象は人の精神にも影響を与え、

戦争や病気を多発させるだろう。

そして洪水、浸水といった住めないエリアと

ロシアのような住みやすくなるエリアに明確に別れていく。


つまり僕らが今後考えなければいけないのは、

住みたいエリアか

どうかだけではなく、

”住める”エリアかどうかだ。


僕はインドを次の遠征先に考えていたが、

インドはかわいそうなくらい温暖化の負担を受ける国だ。

すでに45度を超える日も出て来ている。

そうなると外出するのも命がけだ。

場所を選ばなければ、こういった暑さや、

モンスーンの被害でパフォーマンスに異常がでかねない。


今週のブログでも書いたが、

細胞には寒い環境がいいこともわかった。

気候変動の統計を見ても、

温暖化の影響は北半球の人より

赤道に近い人に圧倒的に負担が大きい


さてインド、どうするか。


念のためニューヨークの海面上昇率を

調べたところ幸いすぐには沈没しなさそうだ。

長期視点で家を買う人は、

その点も考える必要があるだろう。

沈没する家の価値が上がるはずがない。


日本は今住みやすいのか?

これから気候はどうなるのか?

アメリカは?


僕らは想像以上に気候の影響を受けている。


パフォーマンスを上げるために、

これから住む場所の今と未来の

気候くらいは押さえておこう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。