会社が倒産したらマーケティングの神様に出会った話07

前話: 会社が倒産したらマーケティングの神様に出会った話06

それは、、、」

の続きですが、これは超貴重なので、
コメントやメッセージで

需要があれば書きます。


で授業の続き。

【マーケティング神様の教え】

マーケティングの世界では
自分の好きなこと、
売りたいものを売る
「プロダクトアウト」
(ワクワクすること)
という考え方と

すでに世の中に求められているもの、
ニーズが存在するものを作っていく
「マーケットイン」
(お客様が抱える問題があるか)
という考え方があります。

「できること、できるようになること、
または自分の周りにそれができる人と組む」
という考え方もあります。

「誰もやっていない市場(ポジショニング)」
という考え方もあります。

これらの考え方のいいとこどりをして、
自分のワクワクすることで、
さらに世の中に求められているもの。
そしてできること、
できるようになるもの。

それをしっかりと見つけて
自分のビジネスに生かす、
ということを学んでいくことになります。

そして誰の競合のいない場所
(ブルーオーシャン)で
展開する方法も教えていきます。


さて身近なものでプロダクトアウト、
マーケットインは何が
あるか考えてみしましょう。



考えたら下にスクロール




<プロダクトアウト>
・Apple
・デイズニー
・アーティスト(プロダクトアウトが多い)

<マーケットイン>
・病院
・トヨタ
・コンビニ
・ユニクロ
 *昔新聞の2面広告で
  「ユニクロの悪口100万円で買います」
  ユニクロは集めた悪口を解決すれば
  売れるに決まっていると思った

ただし!大前提として
「世の中に求められているかどうか?」
を忘れないことが、大切です。

世の中の人が本質的に
欲しているものをつくれば、
それは100%売れるんです。

新しい会社が生まれて
80%の会社が5年以内に
つぶれる一番の理由はこの大前提を
忘れてしまっているから。

とはいえ、

「世の中に求められているかどうか?」

ってどう確かめるの?って思いません?


著者の靖幸 菅沼さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。